スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホエー豚丼1450円

花畑牧場が営業している『ホエー豚亭』と『生キャラメルカフェ』


         / ̄\
        |     |
         \_/
          |
       /  ̄  ̄ \
     /  \ /  \
    /   ⌒   ⌒   \      よくぞ食ってくれた
    |    (__人__)     |      褒美として生キャラメルを買う権利をやる
    \    ` ⌒´    /   ☆
    /ヽ、--ー、__,-‐´ \─/
   / >   ヽ▼●▼<\  ||ー、.
  / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ.
 .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \
 l     |    |ー─ |  ̄ l   `~ヽ_ノ____
    / ̄ ̄ ̄ ̄ヽ-'ヽ--'  / 生キャラ  /|
   .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/|    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/| ______
/ ̄生キャラ/|  ̄|__」/_生キャラ  /| ̄|__,」___    /|
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/生キャラ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄|/ 生キャラ /|  / .|
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/l ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/| /
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

つまるところはそんな店(語弊アリ)

生キャラメルを買うために相当な行列に並ぶ人が居るのだから、この店の中もパンパンだろうと
思っていたら、思ったより空いていてちょっと拍子抜け。

そんな状況だったので、好奇心を満たす意味もこめてホエー豚丼セットを食してみた。


朝から何も食ってなかったから、昼飯代わりとしても。

メニュー写真のように、丼から肉がはみ出しまくるような事は無いですが、そこそこの肉量。
豚の脂が非常に甘く、肉も非常に柔らかい、中々にグッドなお味。
もう少しご飯の量が多くても全然困らないというか、あと1.5倍くらいご飯が欲しくなる。

ただ、空港という立地を考えると仕方ないのかもしれませんが、1450円はちと高いかも。
権利分込みと考えると妥当とも言えるかもですが、食うだけだとちょいと割高感。
ちなみに、隣にあるカフェのセット料金も1470円と同程度。

生キャラメルは会計時に購入可能。せっかくなので、プレーン味を2つ購入。
ただキャラメルを買うだけに1500円近く払うのは馬鹿馬鹿しいかもですが、腹を満たせ、
かつ並ぶ手間が省けると考えれば、選択肢の一つとしてはアリなんじゃなかろうか。
旅行の時は『時は金なり』ってのを血を吐くぐらいに痛感するし。

前回の北海道旅行の際、入りたくて仕方なかった酒店併設の飲み屋には今回も入れず。


なんてワガママボーイ。どうしても俺を避けたいんだね。
ものすげえ美味そうな酒がズラリと並んでいるというのに、いつもいつも……!
今年のうちに1回くらいは入りたいものですが、その為に時間を調整する必要があるなあ。
基本的に行きも帰りも午前中ってケースが殆どですし。

在庫潤沢なじゃがポックルと、甘えびの燻製なる不思議アイテム。


アバドン王における魔人たちのごとくじゃがポックルを所望されていたので、合計4箱購入。
去年の5月くらいは見つけるのも困難な状態でしたが、生産数が増えたのか、ブームっぽいのが
一段落した結果なのか。実情がどうあれ、買えるのはありがたい限りですが。

甘えびの燻製はどうしようか悩んだのですが、新しい境地の開拓は率先して行わないと
新鮮味がなくなってしまうので、結局購入した次第。
酒を食らう時にツマミとして饗したいところですが、美味いといいなあ……。

最後は恒例のご当地ビールで〆!


飛行機の中でほぼ確実に寝てしまうという欠点もありますが、それ以上に爽快なのよね。
北海道旅行中は殆ど酒を呑んで無かったので、猶更かも。

オプーナ(Amazon)

http://members.jcom.home.ne.jp/vampirdzhija/2009-1.html#090112より抜粋。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

K(仮称)

Author:K(仮称)
GF団というキモいサイトから蛮族的な内容を抜粋。

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。