スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリンブルスティ

イノシシ肉とイノシシつくね。


白く厚い脂肪層が印象的な肉ですが、これが並んでる図は非常に美しいものが。
イノシシのつくねってのは見るのも食うのも初めてでしたが、野性味たっぷりで中々美味い。

鍋の準備が出来るまではフライドチキンで一時凌ぎ。


猪肉のキザキなるところで購入したものとのこと。



そして完成する鍋。味は味噌仕立て。


イノシシも良いけど、鍋の主役は野菜とかキノコだなと最近思うんだぜ。

初めて食ったイノシシ肉ですが、想像以上に美味かった!


味の傾向としては豚肉に近いものがありますが、肉の部分は豚よりもちょっとクセが強め。
脂の部分が多ければ多いほど値打ちものとされるイノシシ肉ですが、その評価は伊達ではなく
本当に脂の部分が美味い。
野生のものですし、イノシシというイメージからもっと野暮ったかったり、臭みが強いのではと
思っていましたが、臭みも無くひたすら上品な味わいという予想外展開。
2人して驚きつつも欠食児童よろしく肉を入れては取り出し食い、入れては取り出し食いの
ルーチンワーク野郎と化してガンガン消費ですよ。 煮込んでも味が落ちないのも見逃せないトコ。

写真はまだ赤みが残っていますが、本当はもっと火を入れるべき。
つーのはE型肝炎の危険性があるから。
数週間後に俺が肝炎になっていたら、愚かな行動を取った事を悔やみつつ療養します(食ったんですね)
ああ、でもちょっと赤みが残ったイノシシ肉は絶品と言える味わいでございました……。


鍋といえば酒! っつーことで飲んだ酒を列挙していくよー。

一番手かつ今回のメインでもある『高垣酒造 かもすぞ』


前々から一度飲んでみたいと切望していた大人気の1品ですが、最初は甘口で、喉を通る頃には
ほんのり辛口に感じる味わいと、生酒ならではの濃さが絶品の酒でありました。

あんまりにも好みすぎる味わいなので、ガンガン飲めてしまうわけですが、他にも飲ませるべき人が
居るとのことで、半分ちょっとくらい飲んでお終い。
良い物飲ませてもらいました!

新藤酒造という所の『裏・雅山流 月華Ⅱ』


同じく新藤酒造の『雅山流 影の伝説Ⅳ』


ⅡだのⅣだの、日本酒とは思えない小粋な名前がチャームポイントの酒たちですが、味は本物。
どちらも大吟醸と言うだけあり、非常に良い味。
生酒であれば更に最高の味になったであろうと思うばかりですが、これは単に好みの問題か。

『小松酒造 万齢』


「おりがらみ生原酒」ということもあり、味わいは濃厚そのもの。
日本酒度が+6と高めなこともあり、引き締った辛さも魅力の1つ。
後半戦はこれをガンガン飲む仕事に従事していました。

俺持ち込みのリースリング種のアイスワイン。


前に2本買い、1本残っていた物を持っていったのですが、思いの外好評で何より。
ワインがあまり得意でないとの話だったので、心配ではあったのですが、甘口ってマジ偉大。

甘さと香りもステキな一品ですが、甘さの中にもしっかりと酸味を感じられるのが面白いものです。
アイスワインというカテゴリだと甘さと酸味が調和してるのが多いのかねえ。
余裕があったら他のアイスワインにも手を出してみたいところ。

最後にお目見えした『萬寿鏡 しずく』


これが出た頃にはもういい加減酔っ払っていたので、正確な味は覚えていないという体たらくですが
当たり前のように美味かったということだけは覚えています。
その場で印象をメモったりしておいた方がいいのかねえ、と思うことが最近多いです。
面倒だから思うだけに留まっているのが現実ですが。

やー、それにしても色々な酒をたっぷり飲んだわー。
これだけの量を、しかも美味い物ばかり用意する友人の手腕と行動力には感心するばかり。
俺ももっと美味い酒を見つけて飲んだり飲ませたりしないとなー。


酒を肴に酒を飲むという、人間的にアレな行為。


辛口の酒とアイスワインってのは意外と良い組み合わせだね!
翌日に凄まじく残ってしまって難儀しましたが。

もやしもん関連商品いろいろ(Amazon)

http://members.jcom.home.ne.jp/vampirdzhija/2008-12.html#081223 より抜粋

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

K(仮称)

Author:K(仮称)
GF団というキモいサイトから蛮族的な内容を抜粋。

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。