スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕たちのゲノン総督

冬コミ用の原稿も終わり、1週間近くの断酒に終止符を打つ時が来た!
何処で飲むか、新橋か、関内か、横浜か、藤沢か、はたまた自宅かと色々考えた結果、飲みたいビールが
沢山あり、かつ限定メニューがあるクラフトビアバーにステイバーイゴッ。




まず最初に飲んだのは、博石館のクリスマスポーター。
最近になって、クリスマス仕様のビールもじわじわと姿を見せ始めてきましたが、一番乗りはコレで。
かなり濃い目の味を予想していたのですが、意外なほどスッキリ系統。
でも、焙煎された麦芽の香ばしさや、ホップの苦味は非常にいいバランスの美味いビール。
奇しくも、俺が一杯目に飲みたいと思うようなタイプであり、これはこれでOK。

2杯目はいわて蔵ビールのリンゴサイダー、3杯目は志賀高原の40thアニバーサリーエール。


リンゴサイダーと銘打ってはいるけど、れっきとした酒でありビール。
いわて蔵の試作品的シロモノらしいけど、本当にこの店はこの手のプロトタイプがよく入って楽しい。
味としては、ベアレンのアップルラガーと、南信州ビールのアップホップの中間に位置する感じ。
わりと甘くて、わりと酸っぱい。色も濁ってはいるけど薄く濁ってる感じ。
でも、これもまた実に良いバランスで成り立ってるんで、完成形がすげえ楽しみ。
ちなみにビールとしての風味は非常に薄い。よく吟味するとビールっぽくね? と思うぐらい。

40thアニバーサリーエールは大好物。大当たり。即結納。
口の中全体を蹂躙するような苦味とホップの豊潤すぎる香り、鼻を貫く8.5%のアルコール臭。
そして苦味の中にもしっかりと存在感を主張するモルトの甘み。
誠に見事なエールである! いざ、南無三――ッ!

やー、これは期待して飲んだけど、期待を全く裏切らないどころか期待を遥かに超えたわ。
これは買える所で瓶で注文してしまおう。そしてじっくりゆっくり家でも楽しみたい。

お楽しみの限定メニューは豚バラ軟骨の煮込み。


軟骨と付く物は大半が好きであり、ファントムブラッド出演のゾンビにだって負けやしねえ。
そんな俺の前にこんなメニューを出されてしまっては、大盛りで頼みたくもなるというもの。
大盛り無いけど。

前に同じメニューが出た時は、カレー風味で味付けしてあり、ご飯がないことを血の涙と小便を
垂れ流さんばかりに悔やみつつもうめえうめえと食ったものですが、今回はあっさり塩味。
薬味は黒胡椒のみであり、実にシンプルな仕上がり。
しかし、それゆえに豚肉の旨味とスープを存分に堪能できる仕様でもあるので、全く良し!

普段はこれぐらいで終わるけど、メットブルストと豚ハラミの燻製も追加だ!


というのも、今日は1人ではなくて酒飲み仲間のダタラさんと一緒だったので。
流石に1人の時と同じペースで飲み食いは出来ないからなあ。会話というご馳走があるゆえに。
メットブルストはいわゆるサラミですが、あまりサラミ好きではない俺でも美味いと思えた。
探せばこれぐらい、もしくはもっと美味いサラミがあるものかね。

こんなものたちを飲み食いしつつ、気が付けば2時間経過。せいぜい1時間くらいだとばかり。
やっぱりゲノン総督(ベルセルク)の魅力を語っているといくら時間あってもたりないな! まさに火酒。

グリフィスさんはそんなゲノン総督にゲノられてしまったわけですが、よくよく考えたらガッツも
もっと若い頃にドノヴァンにドノヴァられてたんだよなあ……。
ゲノン総督がダガーとすれば、ドノヴァンはバスタードソードであったろうに、よくご無事で……。


あと、ストレンジジャーニー話とか、ライドウ話がガンガン出来るのもまた楽しい。

ヒメブーのバガブーマスクは着脱可能なのか気になって仕方ない。
可能だとすれば、バガブーの面影を残しておきたいヒメネスの乙女心炸裂。
不可だとしたら、主人公とのチューを妨害するバガブーの可愛らしい嫉妬心もしくは騎士道精神の現れ。
まさにチュー(忠)を尽くすというヤツかな。ワハハ ワハハハ。

そしてジャック部隊はみんなの妄想天国だということで見解が一致。
あんな野卑な連中に囚われたらそりゃあもう、グレンデルハードが刊行されても不思議ではない。
「オイ 防性アンタイトを用意しろ へへ みんなで気持ちよくさせてやるぜよ……エクスタシー!」
やた、ジャック部隊ったら優しい………。アーヴィンさん……?
デモニカマスクをきっちり被ってたら意外と正体隠し通せそうよね。

ライアン「大佐があなた方のホモセックスを見たいと仰られているのです」
そんな地獄の使者な展開が影であったとしてもなんら不思議ではないところがまた魅力であるかと。

しかし、アーサーにまで欲望をぶつけんとするのは流石に如何なものでしょうか。
アーサー「あなた方の性欲処理を正式なミッションとして許可します」 
なんて献身的なアーサー……! これぞまさにサブミッションと言えるのではなかろうか。
きっとブルージェット号のヴェルヌも……。


と、言った感じの会話に毒々しい花を咲かせつつ、関内の町を練り歩き、別の店へ。


横浜ビールの直営レストランである、驛の食卓。
前々から一度行ってみたいと思っていたのですが、クラフト辺りで限界迎えてばかりだったので
行けてなかったのですが、こういう機会だからと、理由になってるんだかなってないんだかの勢いでゴー。

まずは横浜ビールで仕込んだという、ややビール風味のキャベツのピクルスをツマミに。

最強クラスのIPAである、アイアンクローを飲みたかったのですが、メニューに無かったのでお試しセット。


ヴァイツェン、IPA、ハマムギラガーの3種で。
特に印象的だったのはハマムギラガー。とろみを感じる口当たりと、麦茶のように風味。
使ってる麦や、仕込みが特殊なのかと思いますが、コレは中々にユニークなシロモノ。
確か、瓶で買ってあるはずなので、今度またじっくりと味わってみよう。

ブロッコリーの蒸篭蒸しの美味さは素晴らしすぎて表彰してやりたいくらい。


単純に蒸したブロッコリーというだけでも十分すぎるほど美味いですが、決め手はアンチョビ。
アンチョビソース。相手は美味しくなる。
アンチョビの塩味と油が淡白なブロッコリーに合うこと合うこと。これは絶品と言える組み合わせ。
家でも簡単に作れるだろうし、これは是非とも挑戦してみたい。

横浜ビールを練りこんだというパスタ2種。


正直なところ、ビールを練り込んであるとか無いとかはよく分かりませんでしたが、フツーに美味い。
麺自体もパスタソースもわりといい水準で、量も多すぎず少なすぎずで良し。

この辺りでもう1人の酒飲み仲間であるRYOさんの登場であり、更に毒々しい花を咲かせる会話。
俺、現実世界でアンドロメロスの話題が出てくるところに始めて遭遇したよ。正体はゾフィーな。

あと、居合わせた全員が何らかのトレーニングをしていたので、その話も沢山。
やー、リアルでどのプロテインが良いとか、どういう食事が良いとか、どういう鍛錬がオススメとか
そういう話が出来るのはすげえ楽しいし、そして刺激にもなって素晴らしいなー。

1人で黙々と鍛えるのが好きな性分ではあるけど、俺が知らない、考えもしない生の情報等が得られるのは
実にありがたいことだし、興味深いし、そして先述したけど楽しいものだ。
とりわけ、食事関係の話は参考になる事が多かったので、色々と実践していきたい。


トレーニングだの食事制限だのの話をしつつパフェとか食ってる俺たちの矛盾。


普段ちゃんと抑えて、鍛錬していればたまに過剰に無駄に食うのは問題ないんだよ! 無いんだったら!
体重が70kg前後(170cm)の俺が言っても説得力は無い気がしますが。

『真・女神転生 STRANGE JOURNEY』(Amazon)
『アンドロメロス コレクターズディスク』(楽天)

http://members.jcom.home.ne.jp/vampirdzhija/2009-12.html#091204より抜粋。

テーマ : ビール
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

K(仮称)

Author:K(仮称)
GF団というキモいサイトから蛮族的な内容を抜粋。

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。