スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カメノテ亀の手





7月あたりに高崎方面の友人宅で昼間っからバーベキューと称した酒盛りに興じてた際の
ワンシーンですが、網の上で焼かれているのは亀の手

途中で立ち寄った御徒町の吉池なる店で「男は度胸」をキーワードに購入したのですが
どう食ったものか分からず、とりあえず火を通せばなんとかなるでしょという安易極まりない
考えの下火刑に処してみたのですが、問題なく食えました。火って偉大でありグレイトフル。

食う際には爪の下のスケイルメイルみたいな部分を剥ぎ取り、初々しい雰囲気の肉が見えたら
それに齧り付くわけですが、味としては貝と肉の中間のような感じ。どちらかと言えば旨い部類。
前もっての処理とかは一切無かったから、その辺で手を抜かなければもっと旨いかもしれません。
まさに珍味であった。

右下の写真はイカのワタをただ焼いただけのシロモノ。
シンプル極まりないですが、これの旨さと日本酒との相性ときたら最高峰であり、会した一同
感動のあまり咽び泣きつつ食ったといえば美談っぽくなるけど、流石にそこまでは。
それでもなんちゅうものを食わせて(略)ぐらいにはなりましたが。いやそれ泣いてるじゃん。
イカのワタはそのまま食ってもいいし、塩辛にしてもいいしで最強クラスの食材やね。

店とか家の中で飲むのもいいけど、こーいう屋外で、ってのも中々に楽しいものやね。
そろそろ寒くなってくるから気軽に出来なくなってきますが、機会があればやりたいトコ。

BUNDOK(バンドック) らくらく炭(Amazon)

http://members.jcom.home.ne.jp/vampirdzhija/2008-9.html#080928より抜粋

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

K(仮称)

Author:K(仮称)
GF団というキモいサイトから蛮族的な内容を抜粋。

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。