スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビールとラーメンを組み合わせない、全く新しくないメニュー

近所につけ麺専門店があると耳にして、今日の昼飯にでも行ってみっかぁとジムで
トレーニングのち、越中を締めこんで向ってみればテナント募集の看板が。

うあー。

まあ、確かにウチの近場における飲食店の生存率たるや、ナウプリウスから成体に
なるまで生き延びる確率くらい低いので不思議ではないですが、残念としか。
なまじネット上での評判が悪くなかっただけに。

仕方ないのでこの前買ってきた酒とか、食ってみたつけ麺の写真でも貼っときますね。


酒のほうはロシュフォール8、10なるベルギービール。
個性溢るる品々が多いベルギービールを漁るのは大変楽しいものですが、折りよく
横浜の東急ハンズにてベルギービールコーナーが出来ていたので物色の結果購入。

ホントはもっと色々買いたいところなのですが、価格が500円~1000円と基本的に
高め
なのでおいそれとごっそり買い込めないのです。
金銭的に余裕があったとしても、週に2本くらいしか飲まないんで、大量に買っても
駄目にしてしまう可能性が高いので、1回当たり2本か3本がいいところで。
折角買うのであればしっかり堪能したいですし。


んで、今回はロシュフォールに白羽の矢が皆死ね矢のごとくぶっすりと刺さって購入し、
昨日の晩に10の方を飲んでみましたが、想像以上に強烈な味に驚くばかり。
色からして黒に近いブラウンですし、味のほうもその色にあったビターでどことなく
コーヒーやカカオに近い風味を持ちつつも、フルーティな風味もまた合わせ持った複雑な
味わいでしたが、何よりも強烈だったのはそのアルコール度。
ビールとなると大抵は5~6くらいですが、これは11.3という約2倍の濃度。

日本酒を愛好している身からしてみれば大したことない、って思われそうですが
ビールだと思って飲むから体と頭が順応してくれないんですよね。
あらかじめキツい酒って分かってれば覚悟も出来ますが、馴染みのあるビールで高いとなると
中々切り替えが出来ないもので。
そんなものだから飲むたびに「ぬふぅ」と顔をしかめつつ味わってたわけで。

結論から言えば期待通りの強烈な個性の一品で大満足でしたが。
今日は8の方を飲んでみるぞー、と。


ビールと合わせて、石垣島旅行で俺を虜にしたペンギン食堂の石垣島ラー油が運よく
見つかったので2本購入。
1本で700円オーバーという、ラー油らしからぬ猛々しい値段のシロモノですが
あの複雑にして爽やかな味を知ってしまうと常用せずにはおれませぬ。

特に餃子のタレや坦々麺のスープに混ぜ込んだときの旨さときたら、俺の大事な大事な
童貞と引き換えにしても惜しくないほどの旨さであり、来世では次のステージに
上がれそうな妄想を抱きかねんほどでありますよ。

もし見つけることがあれば是非とも試してほしい一品であります。


んで、つけ麺のほうは横浜西口のほうにある『ラーメン 戦國』なる店で食ったのですが
普通に出しているラーメンをつけ麺の体裁を取って出した、って感じ。
ゆえに多くのつけ麺の特色である魚介系ダシや酸味とは無縁であり、麺のコシももう一歩。
その代わり、癖が無いんで何の抵抗も無く食えますが、俺としてはちと物足りなく。
味自体はソツなく美味しいとは思うのですが。

あ、とんこつスープと鶏ガラスープの両方が付いてきたのは非常に嬉しく。
他のつけ麺屋でも2重のスープ責めとかやってくれれば嬉しいところなのですが。

ラーメン 戦國
神奈川県横浜市西区南幸2-7-14
営業時間:11:00~1:30


関連リンク
ペンギン夫婦がつくった石垣島ラー油のはなし(Amazon)
ロシュフォール10 330ml(楽天)

http://members.jcom.home.ne.jp/vampirdzhija/2007-11.html#071123より抜粋。

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

K(仮称)

Author:K(仮称)
GF団というキモいサイトから蛮族的な内容を抜粋。

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。