スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梨花ちゃまのスキマとつけ麺

つわけで、昨日は再びやすべえでつけめん食らってきました。

昨日も22時過ぎの夜も更けた頃でしたが、相変わらずの行列店。
その辺はもう想定内ですし、世界樹がある身ゆえ、痛くも痒くも無く。

今回は戴いたコメントなどを参考に辛味つけめん(中)+ダブル辛味+野菜トッピング。
〆て780円とそこそこのお値段。

前回は大盛りを頼んだ結果、旨味よりも苦痛の方を多く味わってしまったので
その時の教訓を活かして中盛りをオーダー。
でもってやってきたのはこんな感じの面々。


おお、流石に中盛りとなると随分少なく感じますが、これでいい塩梅でしょう。
野菜のトッピングは聞いていたとおりにそこそこの盛りっぷり。
野菜分をある程度摂りたいお年頃の俺としては中々に嬉しい量ですな。

写真も撮ったらいよいよ摂食開始であり、数秒後に「この注文は正解だった」
前回の味噌も旨いことは旨かったのですが、酸味が味噌とあまり合わないかなと
思っていたのですが、醤油ベースだと相性は抜群であり、濃厚な魚介風味の
旨さも引き立つばかり。

更にタマネギも加えれば甘みも加わり、辛味と酸味との三位一体攻撃が。
まさに至福の一時であります。


トッピングで頼んだ野菜もまた旨いこと旨いこと。
胡麻油を絡めた湯掻いたもやしとかニラですが、具と呼べるものが殆ど入ってない
スープには救世主ともいえる存在であると断言できましょう。
メンマとかネギとかは入ってますが、それらも具というよりはスープに近いので。
あ、でも茹でた鶏肉はすげえ旨かったですが。

そんな感じで野菜を加えタマネギを加え大変美味しく完食。
中盛りの選択は俺たちつけめん舎弟の絆を更に固めたぜ!


ただ、残念だったのは「あつもり」で頼んだにも関わらず冷たい麺が出て来たこと。
一昨日食った店で、つけめんにも熱い麺が合うと思っていただけにひとしお。
最後の方、スープが冷たくなるのが嫌なんだよなあ。
気付いたのがある程度食ってからだったので引き返すことも出来ず。
それでもまあ旨かったのでチャラですが。


あと、店外からタバコの煙が入ってきたのは無念というかオブラートに包んで言えば
「お前はジステンパーに罹って死ね!」


と梨花ちゃまが申しております。

明らかに並んでる客が原因でしたが、入口出口に扉が無い店の弱点よのう……。
特に「うおォン」とヒートアップしてきた時だったから尚更梨花ちゃま化ですよ。
タバコを吸うなとは言いませんが、その、もう少し場所とか手心とか……。
今後は出来るだけ奥に行ける様に調整したいなあ……。


ところで、この梨花ちゃまは表情といい、ずり下がった肩紐といい、服の隙間といい
あらゆる面においてパーフェクトなステキ具合を発揮し尽していると思います。
この一連のシーンを見てる間中俺も死の宣告(50秒)をされたくて仕方なくなったものです。
アニメ版のひぐらしはキャラの表情やアクションが過剰に生き生きしてるのがよろしいですな。

あ、微妙に関係ありますが、来月はちょっと雛見沢の方まで行ってくるかもです。

時報になったらその時は呵呵大笑してやって下さい。


梨花ちゃまのせいで話がズレましたが、昨日のつけめんは俺のつけめん魂に火を
付けるに十分な旨さだったので、今後も紹介戴いた店を中心に気が向いたら
開拓を進めていければと思うばかり。


あと、この前行った名前を失念してた店ですが、『空海』って店でした。


厳密には『大臣』って名前に変わっているようですが、大本は空海のようで。
行ったのは渋谷店ですが、やすべえに比べると圧倒的に入りやすく、麺の量もたっぷり
頼めたりするのが大きな利点かと。

鶏白湯つけめんはガチで旨かったので、鶏スープが好きで堪らない方には
かなりオススメのメニューであるんじゃなかろうでしょうか。

関連リンク
ひぐらしのなく頃に解 古手梨花 (ノンスケールPVC塗装済み完成品)
TVアニメーション『ひぐらしのなく頃に解』~character case book~ Vol.1 羽入 Link 古手梨花(黒梨花

http://members.jcom.home.ne.jp/vampirdzhija/2007-9.html#070928より抜粋。

テーマ : 美味しいもの
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

K(仮称)

Author:K(仮称)
GF団というキモいサイトから蛮族的な内容を抜粋。

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。