スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジンクスⅢ

埼玉に行った後はもはや恒例となりつつある、まるます屋巡り。
今回で累計3、4回目ってところですが、流石にこれぐらい通っているとあの独特な
環境にも物怖じすることなく入れるようになってきますな。

しかし毎回行く度に悪天候なのは一体何のジンクスなのか。


今回は雨男指数をスカウターで計ろうものなら絶対に爆発するであろうと断言できる
生まれたての雨男である俺にしては珍しく、飯を食い終わり駅に着いた時点で大雨&
強風&雹というカタストロフ発生。

んー、メシ食い終わった瞬間に大変にな事になって酒とかメシを追加するって未来かと
思ったのですが、未来は変えられるってことでしょうか。
ベクトル的にはターミネーター3的な勢いで。

で、今回は今までとは違った物を注文しようということで、まずはビールとホタルイカ塩辛。


昼間から酒を飲むなど何年ぶりか。
しかし、この雑多かつ猥雑な雰囲気の中にあっては酒を飲まぬ方が異端であり異邦なので
ノンダクレーマー精神を大発揮して注文したら当たり前のように大瓶が。
ここには中瓶とか生ぬるい選択肢は無い模様であり、出来ておる喃……。

ホタルイカの塩辛は嬉しい誤算でしたが、プチプチと歯切れも良い、実に良き鮮度でした。
古かったりするとボロボロになっていたりしてやや駄目まるからなあ。
久々のホタルイカの塩辛はビールとの絆を更に固めたぜ!

で、今回の醍醐味というか、目的であったすっぽん鍋。


700円という格安の値段で食えるってのが密かな目玉だったりするわけですが、実は俺
生まれてこの方すっぽんを食したことがないので、ここらで童貞を捨てておこうかと思いまして。
んで、700円という値段に吸い寄せられたわけで。

すっぽん自体の味は鶏肉っぽい、クセのない淡白な味わいでしたな。
表面(?)のゼラチン質の部分は臭みもなく、実に美味しく頂けました。
ですが、メインはすっぽん自体というよりよりもコクたっぷりのスープかもしれませぬ。
旨みが出まくったスープに、それらを吸った野菜の旨いことといったら……!

おっさん化が顕著に進みつつある俺ですが、最近は鍋といったら野菜がメインと思うように。
白菜とか水菜が旨くってねぇ……。

鍋物の後にはそれを用いた雑炊を食するが礼儀であり流儀。


+200円だか300円高で雑炊化してくれるのですが、実にありがたいサービス。
これでボリューム面においても十分なクラスに格上げされますし、この雑炊がまた旨い。
鍋物の後の雑炊の旨さは皆知るところでしょうが、前述のようにスープが実に旨い鍋なので
雑炊にしたら、その真価を如何なく発揮するわけですよ。
そりゃもう一口一口に幸せを感じるばかり。イメージ的にはアマ公に餌をもらう畜生。

そんな感じに井の頭五郎じりに内心で旨い連呼で、今日のまるます屋も終わり。
〆て1800円という値段に更に満足度を上げるのであった。
やはり俺にはセレブな店よりも薄汚くも旨くて安い店がお似合いなのですよ。

それにしても、今日は今まで以上に混んでたなー。
14時ちょい過ぎくらいだと思ったのですが、店の前に5人くらい並んでる状態。
赤羽駅前で祭をやっていたからそれの影響かしらん。

孤独のグルメ (扶桑社文庫)(Amazon)
スタミナすっぽん煮込み鍋(4人前)


http://members.jcom.home.ne.jp/vampirdzhija/2007-4.html#070428より抜粋。

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

K(仮称)

Author:K(仮称)
GF団というキモいサイトから蛮族的な内容を抜粋。

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。