スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本のIPA祭り、よッ!

昼間っから東京駅近くのTOWERSなる店で日本のIPA祭り、よッ!


この祭りを知ったのは直前ですが、数あるビールの中でも好き過ぎて仕方無いIPAばかりが出揃う
と聞き、ビールを飲むことでしか治癒できぬ状態異常に罹ってしまったので、行ってきた次第。
具体的にどんな状態異常かと言えば、時間限定のアル中ってことで。

あと、この店自体は読者の方のコメントで知っていたので、一度足を運んでみたかったというのもアリ。

予想以上に小規模な店でちょいと驚きましたが、物の揃えとかは実に面白そうであった。


オゼノユキドケIPA、サンクトガーレンのメガアマリロIPA。



オゼノユキドケは瓶で買うことばかりで、樽生を飲むのは初めての体験であり祝脱童貞。
最初に感じる苦味が鮮烈だったけど、それ以降はあまり味のしないIPAといった感じ。
香りはフルーティなんだけど、薄味タイプなのかね。この店独自の仕様っぽかったけど。


お客さんの差し入れアイテムのパンと味玉。


今日は食い物は無いも同然の営業スタイルで、持ち寄り推奨だった様子。
そうと分かっていれば俺もこの前買ったスモークレバーを持っていってウマウマしたものを……!
ああ、これらのアイテムを下さった方々には、先っぽぐらいならば挿入されても良いくらいに感謝。
俺の貞操は大体1000円くらいなんじゃないのか。高いか安いかは時代と場所と交渉次第。

オトモと一緒に横浜ビールのシャイニングウィザードIPA。


横浜ビールのIPAと言うと、名前と苦味が強烈そのものだったアイアンクローを思い出しますが、
こちらのシャイニングウィザードはアイアンクローをややマイルドにした感じ。
それでも、今回飲んだ中では頭1つ抜けて強烈な味わいであり、横浜ビールの作るIPAへの慕情が
募る一方であり、今度横浜ビールの店に飲みに行ってみようかねえ。

そして今日のオトモは、ねんどろいどぷちのルカさん。ルカ子だったら至福で死ぬ。相手は死ぬ。
しばらくはこのルカが俺の飲みと食のオトモとして、俺の痛ましさを増幅してくれることでしょう。
ちなみに今日は俺1人ではなく、友人と一緒でありましたが。

プレストンのIPA、ノースアイランドのグレープフルーツIPA。


プレストンのIPAは飲み易い類のIPAだったけど、飲んだ瞬間に広がる香りが特徴的。
的確かどうかは不明だけど、マスカット的というか、そんな風味であった。
普通、IPAは柑橘系の香りがするものと相場は決まっていますが、これは実に珍しい感じ。
単にそう錯覚しただけと言う可能性もありますが、感じ感じ。

そしてグレープフルーツIPAは今日飲んだ中で一番好みのIPA。
グレープフルーツの香りとホップの香りの親和性が凄まじいレベル。
苦味の面でも、ホップとグレープフルーツのそれが上手いこと混じってて感慨深いとすら。

前述のように、IPAは柑橘系の香りが特徴と言えますが、柑橘系そのものと合わせたのは初体験。
この絶妙としか言えないレベルでの出来上がりとは恐れ入ると言うか、ありがてえの一言。
年明け早々に北海道に行く予定ですが、このブルワリーがやってるバーに行くしかあるまいよ。

結構レアなビールだったらしいですが、これが飲めたのは本当に幸運だったかもしれん。


つー感じで、今日のビール祭りはこれにて終了。ほろ酔い状態で留まったし、良い感じ。
また何かのイベントの際には積極的に参加していきたいところ。

TOWERS Standing Beer Bar
東京都中央区八重洲2-8-10 松岡八重洲ビル1F
17:30~23:00 土日休業


関連リンク
ユウキ食品 超級味玉(ウェイユー)化学調味料無添加300g(Amazon)
半熟味付け煮たまご『とろたま』[10個/1袋](楽天)

http://members.jcom.home.ne.jp/vampirdzhija/2009-11.html#091128より抜粋。
スポンサーサイト

テーマ : ビール
ジャンル : グルメ

ボジョレー口実にバーレーワイン

ボジョレー・ヌーボー解禁! 青臭いワインなんかよりバーレーワイン飲もうぜ!


飲み物ゆえにションベン臭えとか書くと、物凄く語弊があるので避けてみたけど、今書いたので
その配慮も全くの無意味であり、俺の品性下劣さをアッピルするに留まるのであった。

そんなワケで、昨日は近年稀に見る出来栄え(恒例)な解禁日だったわけですが、最早定例行事と
化してしまった感も強く、大挙してワインに群がるような図は見受けられず。
それでも人の流れが途切れることは無かったし、それなりに盛況と言えるかも。
最近は暗いニュースばかりだし(主に政治面で)、たまには全国規模の祭りも悪くあるまいて。

などとしたり顔で嘯きつつ、俺は横浜チアーズでバーレーワインを大堪能。


このバーレーワインは博石館のスーパーヴィンテージ
ただのスーパーヴィンテージではなく、この店が独自にオーク樽で2年熟成させた特別仕様。
フツーにヴィンテージを出しても十分なのに、敢えて特別というところに並々ならぬ拘りを感じる。

そのスーパーヴィンテージが入ってるとの話の樽。ここから出すところは見てないけど。


んで、ブドウ、じゃなくて麦に感謝しつつ飲んでみたわけですが、凄いわこれ。


いや、凄いなんてモンじゃなくて凄すぎる。頭がフットーどころかフラクタル構造化するぐらい凄い。
ワインを通り越してブランデーに近い味にトランスフォームしてるし、オーク樽の香りは濃ゆい、
舌に絡みつくようなカラメルっぽさやモルトの甘みも凄い、ついでに度数も15くらいと凄い。
だからワイングラス一杯ですら酔う。何も食ってないから酔う。当たり前のように酔う。
でも、こんなに美味い物を飲んで酔わない阿呆も無し、だ。

更に言えば、そんなにも濃いのに全くトゲが無いというか、丸みすら感じさせる口当たりが凄い。
フルボディと言っても差し支えないのに、こんなにも飲みやすいのは生まれて初めてだわ。
ううむ、これが二年熟成の力なのか、それとも運命石の扉(シュタインズゲート)の選択なのか……。

ちなみにホップの香りや炭酸は殆どゼロに等しく。
この辺がちょっと前に呑んだ、よなよなバーレーワインとの大きな差かなあ。
もうすぐ届くであろう、エル・ディアブロとの差も確かめたいものだわ。
ううむ、今年のボジョレーは誠に素晴らしいバーレーワイン祭りである! 南無三―――ッ!

とはいえ、折角のワイン祭りでもあるので、業に入りては業に従えの精神(あながち誤字ではない)で
斜に構えず1本くらいはワインを買ってみるのもいいかもしれぬ。
デザートワイン級のアンマァ~なヌーボーがあれば物凄い勢いで飛びつくのですが、未だ見たことねえ。

この店のお品書きは初心者にも分かり易い作りがナイスよね。


スーパーヴィンテージの前にオードブル的に呑んだダークウィートエール。


小麦ビールらしい香りの良さとまろやかさ、ローストされた麦芽の香ばしさのバランスが
実に良いビールであり、スーパーヴィンテージへの道を開けるに適したビールであった。

来週木曜からはこんなイベントが。


秘密のジョーカーは俺がこの店に初めて入った時に飲んだビールで思い入れもあるし、厚木ビールの
ビールが4種類も飲める機会はそうそうないので、来週もまた木曜あたりにふらっと行く予定。
毎週何らかのイベントを開催してるのが凄いウリだよなあ、ここ。

http://members.jcom.home.ne.jp/vampirdzhija/2009-11.html#091120より抜粋。

関連リンク
一升瓶ビール<金・黒>2本セット(Amazon)
博石館ビール スーパーヴィンテージ (楽天)

テーマ : ビール
ジャンル : グルメ

最近はおマンゴをなめたくなるビールがない

中目黒で一頻り飲んだ後は、横浜に河岸を変えて更に泥酔(ふわふわ)タイム!


場所は横浜チアーズで、オクトーバーフェストで出合った泥酔野郎たちとも合流。
合計4人での第66回円卓会議が開催されたのであった。
シュタゲの話を肴に楽しもうと思ったら、ニトロプラスゲーの話にばかりなってましたが。
本当に覇王とか地球皇帝の人気は何年経っても衰えることを知らねえ。



福岡ブルーマスターのブルーマスター。


バルバール・ウィンターボック。




ちょっと前に呑んだバルバールの別バージョン。ボックタイプゆえに普通のバルバールよりも全体的に濃い目。
あと、カラメル的だったりイチジク的だったりするフレーバー強し。1人でよりも何人かで飲みたいビール。

そしてこの日が一応最後とされていたマンゴービールで〆。


この店に集ったのも、この美味すぎるマンゴービールをもう一度、という理由があったり。
フルーツビールは数多くあれど、ここまで優秀なビールはそうそうお目にかかれませぬ。
そりゃ全員2杯ずつ飲むわ。1杯1100円という人によっては目を疑う価格だというのに。
地ビール系統を飲み歩いてると、金銭感覚が一般人とはズレてくるのを感じざるを得ない。

しかし、こんなマンゴービールを味わってしまうと、他が霞みそうで良いやら悪いやら。
「最近はおマンゴを舐めたくなるビールがない」が我々の合言葉になりそうだ。

チアーズを出た後、チアーズ近くにある芝浦ブレンズなる店に移動。


メールフォームからのコメントで教えて頂いた店ですが、普段はもつ焼き系の居酒屋だけど
土曜限定で地ビールを出すとのコトだったので。

この時飲んだのは、ロコビア醸造所のココナッツドラフト。


ビアフェスでも異彩を放ってたココナッツのビール。
普通のビールは爽やかだったりスッキリした味わいが多いけど、これはこってり。とにかくこってり。
脂が浮いてても不思議でないくらいに。そしてココナッツの香りが凄まじい。
ベースがスタウトタイプじやなかったらくどくてキツそう。でも、この独特の味はクセになる味。

このココナッツドラフト目当てに行ってみたのですが、ツマミとして頼んだメニューが殊の外美味い。
もつ炒めとガツ刺しを注文しましたが、どちらも安いし美味いし、量も結構あるしで大満足。
特にもつ炒めにおけるホルモンのプリプリ感は素晴らしく、また食いに行きたいレベル。
他のメニューも頼んでみたいし、また土曜にでもビールと共に楽しみにいきたいところ。

や、ホントにありがたい情報でしたわ。読者の方にはホント頭が上がらねえ。
自分でももっと色々な店を発掘していきてえ。

ビール、いや酒盛りの後と言えばやっぱりラーメンよね!


あたいったらトンコツね! おてんば豚骨娘といっても過言ではない。

カロリー的には最悪の一言で済ませられる流れですが、あの食いたさは何なんだろうね。
酒勢力とラーメン勢力が手を組んで嫌がらせをしているとしか思えねえ。
や、でも久々に素直なトンコツラーメン食えて幸せでありました。
やっぱ獣臭たっぷりのドロドロのスープに硬めの細麺ってのは史上最高レベルの組み合わせだな!

うむ、昼から美味い酒を飲み、美味い飯を食い、バカな話を百花繚乱させた楽しい時間であった。
腹立たしいまでに有意義だか無意義な1日であった。

ご苦労だった……と言いたいところだが、俺には最後に地獄を味わってもらう。


死ぬがよい。

うわあ……湿布の味で今日一日が台無しになっていく……。
「こんな1日、無意味だった!」という後悔で塗りつぶされていきそう……。

まあ、ルートビアを飲んだのは実は初めてだったので、これはこれでアリ……いや無しだな。
ああ、飲むもの全てがルートビアテイストになる呪詛返しをしてえ。
その為にもまた円卓会議の場を設けたりしていかないといけねえやな。

んでは、今日の更新はここまでー。

関連リンク
DadsダッズRoot Beerルートビアー 24缶(Amazon)
黒松沙士 サルサパリラ(台湾コーラ)(楽天)

http://members.jcom.home.ne.jp/vampirdzhija/2009-11.html#091117より抜粋。

テーマ : ビール
ジャンル : グルメ

プロフィール

K(仮称)

Author:K(仮称)
GF団というキモいサイトから蛮族的な内容を抜粋。

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。