スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋刀魚ハンター

やや前の話ですが「秋刀魚の塩焼き食いてえ」という友人と共に秋刀魚ハンター化して横浜に。
刺身を出す店は多くあれど、塩焼きを出す店はあまり見当たらず。
まあ、刺身のほうが設備面でも手間面でも楽だからなあ。

結局、相鉄ムービルのビル内にある産直市場 丸なる店で夕飯タイムに。お通しはナスのなんちゃら。




塩焼きは食えなかったけど、代わりに頼んだ刺身は絶品の一言であった。
分厚い脂が乗った新鮮な刺身を、たっぷりの醤油に浸してご飯に乗せて食う!
ヒャッハー! うめえぜー! ご飯が1杯程度じゃ足りゃしねえぜー!

という俺たちの要請を受けてご飯の友として更に召喚したのは、鯔の兜焼き。




兜焼きってのは食うのがやや面倒だけど、身の美味さと量は申し分ないナイスメニュー。
これまたたっぷりの醤油に漬けて、ご飯と一緒にかっ込むハピネスタイム。
お代わりじゃお代わりじゃ! 摂取カロリーなんて考えてる場合じゃねえぜ!

ツマミ的に頼んでみたけど、殊の外、というかご飯と一緒に食うために生まれてきたような
イカの肝の醤油付け。


いつまで酒の肴でいるつもりなんだえ。お前さまは今日からご飯の嫁様じゃ。
濃厚な肝の味と醤油を組み合わせた、特に新しくも無い味わい―――!
だが、ご飯との相性は昨日食った中でも最高クラスであり、これだけで2杯以上イケる。
むしろイカの肝の数だけご飯がイケるとすら言えよう。胃が頑張れる限りは。

昨日は珍しく、友人は一杯も酒を飲まず。まあ、車で来てたから仕方ねえけど。
思えば結構長い付き合いだけど、酒を飲まずに飯だけ食ってる友人見るのは初めてかも。
昼飯だったらそういうこともあるけど、夕飯時では多分初めて。
でも、俺は飲んでしまってゴメンよ……!

ビールのあとのホッピーおいしいです(^q^)


魚だけでは物足りぬとばかりに注文した鳥の刺身五点盛り。


砂肝にハツ、胸肉腿肉、そしてレバーの鶏肉パラダイス! ヒュ―――ッ!
かつて鶏インフルエンザ時に食ってハマった鶏刺しですが、横浜でこんなに食えるとは感動だ!
しかも砂肝とかレバーなんて焼き鳥状態でも大好物だし! 華菜ちゃん図々しいし!

砂肝やハツはザクザクコリコリしてて美味いし、胸も腿も柔らかくて瑞々しくて美味え。
そして白レバーはゴマダレに漬けて食えば、牛のレバ刺し的な美味さが口中に広がる。
ううむ、この肉でユッケなんぞ作ってご飯にぶちまけたら美味さのあまり死にかねん。
人は美味さによっても死ぬのだ。ホオオ。ソースはシグルイ的な何か。

やー、全体的に美味かったわー。

一式食い終わった後はだらだらすることもなく、至極真っ当な夕食といった感じで終了。
塩焼きは食えなかったけど、内容的に大当たりの店だったんで、プラスマイナスプラス。
昨日食った物の他にも、レバカツやらもつ鍋、泡盛ジェラートやにんにく醤油漬け卵黄ご飯等々
食ってみたいメニューが盛りだくさんなので、いずれまた再訪したい。

もうちょっと食い物等が出て来るスピード早ければ更にいいけど、横浜駅から近いし、
店員の対応もいいし、食の面以外でもナイスなのがまた良し。
事前に言っておけば秋刀魚の塩焼きも作ってくれる的な事も言ってたし、今度行く時は
そうしてみるのも一興だねえ。

と思ってたら、店から出てすぐのやる気茶屋で塩焼きやってたの発見して複雑な気分に。
幸せの青い鳥はこんなにも近くにっ……!
でもいいんだ……俺達は塩焼き以上に大切なものを見つけたんたからよう……。

あと、この前飲んだハイネケンエクストラコールドを出す店もまた発見。
こりゃ横浜で飲み食いする楽しみがまた増えてくれたわー。

関連リンク
(お徳用ボックス)ホッピー ワンウェイ瓶ケース 330ml×24本(Amazon)
ホッピー ジョッキ 500ml(楽天)

http://members.jcom.home.ne.jp/vampirdzhija/2009-9.html#090911より抜粋。
スポンサーサイト

テーマ : こんなお店行きました
ジャンル : グルメ

鶏肉フィールド

土曜日の話ですが、みなとみらいでカメラを弄くり、関内でビールを飲んだトコまでは書きましたが、
その後は一旦帰宅し、夜になったら池袋で酒盛りというややハードスケジュールでありました。
ハード言ってもほぼ全て遊びなのでハードと言うべきか不明ですが。

酒盛り場所は池袋の軍鶏一。

もう何度も来ている店なのでお馴染みと言うに相応しい店になりましたが、いつ行っても
美味い鶏肉が食えるんで、俺としては全方位的にOK。




↑は今回食ったものの一部ですが、相変わらずユッケをご飯に乗せたものが美味すぎる。
そろそろフツーにメニューとして提供してもいいんじゃなろうか。
あと、初めて食ったチキン南蛮も美味かったし、軍鶏の握りもグッド。

最近はビールばかりの身ですが、最初の1杯以降は日本酒攻めで。


吉田蔵の素直な大吟醸っぷりが、ビールに馴染んだ体に染み渡ったわ。

酒盛りにはバカ話等が必須の肴ですが、今回は痛って真面目な話をしていたような。
強いて言えば人生……かな? うわあ。
俺がなんとか覚えているのは、ボルトとイチロー、そして室伏だったら誰がいいかという論議。
知的好奇心に基づき、掘られるなら的意味で。
全会一致で室伏でしたが、素面の今でもそれは納得できる。あの体は抱き締められたすぎる。

あまり関係ないけど、「掘」で検索したら土・掘・削(ドヴォルザーク)なんてのが出てきた。
この手のネーミングは農薬の独壇場かと思ってましたが、重機も有望株なのかしら。


あと、その場に誕生日を迎えられたよしじまあたるさんにはささやかながらプレゼント。
集合時間前に池袋の路地裏のアダルトショップで買ってきたTENGA EGG CLICKERを。
ラブプラスという彼女が居る今、オナホを使うのは浮気となる可能性が高いですが
俺だと思って優しく乱暴に扱ってくださいませ。

それはそうと、アダルトショップでEGG買ったのは初めてだったのですが、意外と高いですな。
Amazonだと400円以下だったのでだったので、それぐらいだろうと思ったら500円。分かり易いワンコイン。
相変わらずペペローションは81%引きだし、Amazonさんってばチンコへのもてなし心がホットすぎる。
米帝の少子化政策の表れという可能性も無きにしも非ずですが。


そんな愉快で痛ましい酒盛りを5時間ほど楽しんだところで帰宅。
いつもだったらもう一軒行くか的な勢いが出たりしますが、最近は終電ギリギリまで飲んで慌てて
終電に乗り込んだはいいが、朦朧とした意識に引っ張られるままに途中駅で降りたり乗り過ごしたりして
途方に暮れた挙句、数駅歩いて帰るという事態が頻発していたので、今は自重キャンペーン中。
流石に2時間も歩くと次の日に足がパンパンになる疲労は残るわで大変でなあ。

タクシー使えよという尤もな意見もありますが、酔ってると知的好奇心が湧いてしまってな。
ここからだと歩いてどれくらいだろう! よしやろう! という方向に向ってしまっていかんいかん。
例外なく後悔する事も頭の片隅で理解してるけど、体が勝手に……とシャワー室に向う大神さん状態。


軍鶏一
〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-35-7 三杉ビル3F
月~木・日・祝 17:00~24:00 金・土・祝前 17:00~03:00



関連リンク
TENGAシリーズ(Amazon)
宮崎産若鶏 ささみ(1kg)(楽天)

http://members.jcom.home.ne.jp/vampirdzhija/2009-9.html#090908より抜粋

テーマ : 焼き鳥
ジャンル : グルメ

秘めおきしソーキ いずこぞや

DMC-GF1の思わぬ好感触具合にいい感じにテンションが上がってしまったので、クラフトビアバーへ。
みなとみらいから関内ならば、歩いてもそれほど時間かからずに行けるであろうとふんだのですが、
方向をちょっと間違えてしまい、結局30分ほど要してしまうというオチに。

あと、関内近辺に妙にイチビった連中が目立つと思ったら、横浜レゲエ祭なんぞやってたのですな。
横浜スタジアム近辺の飲食店とコンビニが入れ食い状態ですげえ賑わってたわ。
クラフトビアバーにもその人の波が押し寄せてたらどうしようと思ったけど、杞憂に終わり。
路地裏ってのは最初見つけづらいけど、後々はいい感じやね。

土曜日のメニューはこんな感じであり、限定メニューは豚バラ軟骨カレー煮込み。


オイスタースタウトなどというグリコーゲンたっぷりな感じのビールや、桃ヴァイツェンもいいなあ。
前者は一関で飲んできたし、後者は先週飲んだから、喉の疼きに耐えつつスルー。
基本的には飲んだこと無いのが優先。

最初のビールはベアレンのフェストビール


名前にもあるように、オクトーバーフェストで飲まれるビールと同じスタイルの一品。
普通の人がイメージする、スタンダードなビールと言った味わいですが、コクや旨味が素晴らしい。
クセが無く、普通に凄く美味いビールと言えましょう。

あと、よく冷えていたのが実に嬉しい。炎天下を歩き回ってた身に染み渡ったわ。
ビールが経血とすれば、俺の体はロリエやウィスパーであったと言っても差し支えあるまい。
社会的には物凄い勢いで差し支えありそうな例えですが。俺はナプキンだ!(衝撃! グレート編)
この店では1杯につき10分程度かけて飲みますが、この時ばかりは数分で飲み終えてしまったわ。

カレー煮と一緒に味わったのは、ベアードビールのアングリーボーイブラウンエール
黒々とした色のイメージどおりにガッシリとしたボディが特徴的なビール。
口に含んだ時にほんのり感じる甘さ、その後から来る苦味とアルコールの香りがなんとも堪らない。
カレー煮のこってりとした味と拮抗する、実にいいビールだったわ。


そして毎回楽しみな限定メニューは前述の通り、豚バラ軟骨カレー煮込み。


一言で言えば、酷いメニューだった。

何が酷いってご飯が存在しないことが。残酷です、残酷すぎます。
本気でご飯の持ち寄りもしくは買出しの許可を頂きたいほどにご飯に合いそうなシロモノ。
イメージ的には豚の角煮のカレー風味って感じですが、そんなのがご飯に合わないわけないでしょう?
今になっても考えるだけでヨダレ製造機になってしまうわ。

んでも、単品でも途方も無いほど美味かったのもまた事実。
煮込み具合もいい感じだったし、醤油とカレー味の組み合わさった味もまたグッド。
カレー味がいい感じに豚の脂のクドさを中和しててなあ。

もうひとつすんげえ嬉しかったのが、豚軟骨という素材。
沖縄辺りでは当たり前のように食える部位ですが、こっちの方ではあまりお目にかからなくてな。
角煮なんかには何が何でも採用したいのに、店でまず見つけられないのが残念すぎる。
そんな部位をこんな所で味わえるとは、僥倖という他あるまいよ。

売ってる店の情報も聞きましたし、今度は自分で買って何か作ってみるかねえ。
この店みたいに手軽かつ安価なメニューを作ってみたい欲が湧いて仕方ねえ。

関連リンク
Panasonic デジタル一眼カメラ GF1 レンズキット(Amazon)
なんと1kg!カルシウムタップリ♪豚バラ軟骨!(楽天)

http://members.jcom.home.ne.jp/vampirdzhija/2009-9.html#090906より抜粋。

テーマ : ビール
ジャンル : グルメ

もやしもんの酒

友人宅で行われた龍神丸の大吟醸を飲む会(俺称)で出てきた日本酒様たち。


むしろ高垣酒造の酒を飲む会という様相を呈していますが、感じ感じ。

龍神丸の大吟醸は流石としか言えないレベルの逸品。


なんというか、とにかく隙の無い味。
クセも強くないし滅茶苦茶飲みやすいし。それでいて味もしっかりしてるし、飲み口も後味も
申し分ないという、とにかく凄い酒だった。
難点を挙げるとすれば、これを飲んでしまった後は他の日本酒がどうしても見劣りするという点か。
好みとか色々あるにせよ、単純な美味さがズバ抜けてるからなあ。ううむ。

その他飲んでみた酒たち。




銀河高原のはヴァイツェンにしようかと思ったのですが、まだ飲んだこと無かったペールエール。
苦味の薄いIPAって感じで非常に好み。ちょい温めで飲むと味が引き立って実によろしい。

関連リンク
もやしもんDVD-BOX【初回限定生産版】(Amazon)
銀河高原缶ビール3種類飲み比べセット化粧箱入り(楽天)

http://members.jcom.home.ne.jp/vampirdzhija/2009-9.html#090904-5より抜粋。

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

アウグスビールとの邂逅

これまた金曜の夜の話ですが、友人宅に行く前にやや時間があったので立ち寄った店。


新橋にあるNewbridge Beer Houseって店。
気になるビールがあったんで、夏コミ最終日に行ってみるも定休日という現実に打ちのめされた
因縁のある店でありますが、無事にリベンジ達成であり、ここもまた実に良き店と確信。

気になるビールこと、アサヒスーパードライエクストラコールド。と、アウグスビール。


名前からピンと来た人も居るかもしれませんが、ちょっと前に呑んだハイネケンエキストラコールドと
同様に、スーパードライをマイナス℃で冷やしたビールですな。
飲んだ瞬間に口内や喉に突き刺さるような鋭さが実に堪らないシロモノであり、すげえ好み。
ハイネケンのと同様に、最初の一杯を飾りたい物ですね。

元の味の好みを加味すると、どちらかと言えばハイネケン側に軍配が上がりますが、これはこれで。
19時までに注文すれば300円という価格で呑めるという点は大きなアドバンテージ。

もう一杯のアウグスビールは、ぐるなびのクーポンでのサービス品。
これまた19時までという制限はありますが、その点を除けば非常に嬉しいサービス。
味の方は物凄いマジメな味といったピルスナー的なビールであり、最初の一杯にも、連続して飲むにも、
どんな状況でも素晴らしい美味さを提供してくれるナイスビール。

ビールの目録。


オーガニックハニーデューというビールも気になりましたが、時間がギリギリになっていたのと
3杯も飲んでしまうと後々に差し支えること必至だったので、なけなしの忍耐力を総動員。
次に行った時にあれば注文してみたいところ。

軽食的に注文したミニメンカツサンドと、19時まで300円の告知ボード。


このメンチカツ、何が嬉しいってメンチカツが揚げたてなこと。
シンプルなメニューであっても、作り立てという属性を得た時の美味さってのは格別ゆえに。
味付けはちょいと濃い目のソース味でしたが、量多めのパンで上手いこと相殺可能。
付け合せのフライドポテトとピクルスもまた嬉しい。

つわけで、食い物も美味いし酒も美味い、そして1人でもなんら問題なく入れるし、店員の質も良い。
飛びぬけて凄い面があるわけではないけど、平均的にレベル高めの店ゆえ、新橋に立ち寄ることがあれば
積極的に利用していきたいものです。

Newbridge Beer House
〒105-0004 東京都港区新橋5-12-7 富永ビル1F
月~金 11:30~14:30 16:30~23:00
土・祝 14:00~21:00 日曜定休日


関連リンク
アサヒ スーパードライ 350ml×24缶(Amazon)
送料無料 アサヒスーパードライ 樽生 19L(楽天)

http://members.jcom.home.ne.jp/vampirdzhija/2009-9.html#090904-5より抜粋。

テーマ : ビール
ジャンル : グルメ

プロフィール

K(仮称)

Author:K(仮称)
GF団というキモいサイトから蛮族的な内容を抜粋。

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。