スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カーストの一番下でもカレー食べれますヨー

スープカレーの総本山的な位置づけにあるんじゃなかろうかと思われるマジックスパイス本店へ。

名前は何度も聞いていましたし、下北沢にもあるので意向と思えば行けますが
やはり北海道に来たからには本店にも攻め込んでみたいところで。

しかし怪しさ爆発の店構えですのう。


スープカレー店は店主の趣味全開だったり、インディーな香り漂う店が多いですが
マジスパの突き抜けっぷりは頭一つ抜きん出てるかも。
何せ独自の言語を使って店内で会話してるくらいだもんなあ。
聞いた感じではらきすた2話のコンビニこなたのうにうに語を更に難解にしたような。
ありにゃとあしたー。

つか、話には聞いていたけど本当に存在しててかつ話が通じてるとは思わなんだ。

そして店内の雰囲気がまた泥臭いというか雑多というかケバいと言うか。
まるでドンキホーテの店内に居るような気分。


でも、備え付けの雑誌に『ムー』が置いてあるのは実に素晴らしい。
アレほど時々読んで面白い雑誌もそうそうないからなあ。

しかし今読むと、つくづく邪気眼持ちにピッタリフィットの雑誌ですな。
邪気眼発動時に読んだら本気で戻ってこれないんじゃなかろうか。

とりあえず、チュパカブラが米軍の動物兵器(イラク投入済み)だったのは衝撃。
ネギまではあんなのをフィーチャーしていたのか……。
つか、動物兵器という発想は無かったというかあまり効率的な兵器じゃないよな。

それはそうと、マジスパで頼んだは北国カレー。辛さは天空(上から二番目)


右の写真にあるカニとかホタテが入った名前そのもののカレーですな。
※右はYU-SHOWさん注文のカレー。↓は前ぴーさんのカレー。


味としては流石元祖と言うべきか、素直に旨いと言える一品。
スープそのものも特にクセがなく美味いですし、スープに溶け込んだ魚介の旨みが
素晴らしいの一言。

ご飯が少々少ないのが難点でありましたが、具が異様なまでに盛り沢山だったので
お腹的にはぱんぱんになるぐらいの量。豆とか米の麺が効くー。
基本的にスープカレーは野菜が物凄い量入っているので、見た目より多いものでして。
マジスパのはそれが顕著かも。

具と言えば、BenBera同様にチキンが大変美味でした。
フォークだけで身が解れて、かつ美味さが全然損なわれてないってのは感動モノ。

あと、辛さに関しては耐性が付いたのか天空でも特に問題ないレベル。
近いうちに下北沢店に行って最大の虚空に挑戦してみようかしら。
聞くところによると、辛い方が具も増えるって話ですし。

マジックスパイス スープカレーの素 (Amazon)
マジックスパイススープカレーキャラメル(楽天)

http://members.jcom.home.ne.jp/vampirdzhija/2007-5.html#070505-07より抜粋
スポンサーサイト

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

やべー、俺も早くマッセナ団に入れてもらわなきゃ……

お花見のお茶請けはロイズポテトチップチョコレート。


お茶請けのお茶に位置するのは森の雫(白樺の樹液)

一本320円と比較的高価なドリンクですが、内容は100%樹液。
味としては、飲めないことは無いが積極的に飲みたい味ではないと言ったところ。
水としては透き通った味であるのは間違いないのですが、青臭すぎ。
栄養目的か、興味本位で飲むくらいが丁度良いかと。
あと、飲んでいるとカナブンとかその類の昆虫にまで堕ちた気分に。

「自然が分けてくれた」と裏に書いてありますが、むしろ略奪だと思います。


マッセナは、奪うのだ!


話がナポレオンに逸れそうになりましたが、ポテトチップチョコレートも忘れずに。

ポテトチップとチョコという、それ単体でもデブ養成フードなのに、それが手を組めば
ジャスティスとチャリオッツが合体したかのような脅威となると思ったのですが
よくよく考えたら彼奴らは分離したほうが厄介という事に気付いた。

ともあれ、デブフードとデブフードの組み合わせであるわけですが、味としての
整合性については非常に懐疑的だったのですが、食ってみたら意外なほど旨い。

チョコやチップそのものが旨いってのもあるでしょうけど、ちょいと塩辛いチップと
甘いチョコが意外なマッチングを披露しています。
流石に一気に全部食いきるのは難しいですが、ついつい手が伸びてしまいます。
それゆえに普段絶対に近くに置いておきたくない一品

色物だと思って手を出しあぐねている方は是非一度トライをば。

ナポレオン獅子の時代 1(Amazon)
北海道お土産探検隊 ロイズ(楽天)

http://members.jcom.home.ne.jp/vampirdzhija/2007-5.html#070505-07より抜粋

ジンクスⅢ

埼玉に行った後はもはや恒例となりつつある、まるます屋巡り。
今回で累計3、4回目ってところですが、流石にこれぐらい通っているとあの独特な
環境にも物怖じすることなく入れるようになってきますな。

しかし毎回行く度に悪天候なのは一体何のジンクスなのか。


今回は雨男指数をスカウターで計ろうものなら絶対に爆発するであろうと断言できる
生まれたての雨男である俺にしては珍しく、飯を食い終わり駅に着いた時点で大雨&
強風&雹というカタストロフ発生。

んー、メシ食い終わった瞬間に大変にな事になって酒とかメシを追加するって未来かと
思ったのですが、未来は変えられるってことでしょうか。
ベクトル的にはターミネーター3的な勢いで。

で、今回は今までとは違った物を注文しようということで、まずはビールとホタルイカ塩辛。


昼間から酒を飲むなど何年ぶりか。
しかし、この雑多かつ猥雑な雰囲気の中にあっては酒を飲まぬ方が異端であり異邦なので
ノンダクレーマー精神を大発揮して注文したら当たり前のように大瓶が。
ここには中瓶とか生ぬるい選択肢は無い模様であり、出来ておる喃……。

ホタルイカの塩辛は嬉しい誤算でしたが、プチプチと歯切れも良い、実に良き鮮度でした。
古かったりするとボロボロになっていたりしてやや駄目まるからなあ。
久々のホタルイカの塩辛はビールとの絆を更に固めたぜ!

で、今回の醍醐味というか、目的であったすっぽん鍋。


700円という格安の値段で食えるってのが密かな目玉だったりするわけですが、実は俺
生まれてこの方すっぽんを食したことがないので、ここらで童貞を捨てておこうかと思いまして。
んで、700円という値段に吸い寄せられたわけで。

すっぽん自体の味は鶏肉っぽい、クセのない淡白な味わいでしたな。
表面(?)のゼラチン質の部分は臭みもなく、実に美味しく頂けました。
ですが、メインはすっぽん自体というよりよりもコクたっぷりのスープかもしれませぬ。
旨みが出まくったスープに、それらを吸った野菜の旨いことといったら……!

おっさん化が顕著に進みつつある俺ですが、最近は鍋といったら野菜がメインと思うように。
白菜とか水菜が旨くってねぇ……。

鍋物の後にはそれを用いた雑炊を食するが礼儀であり流儀。


+200円だか300円高で雑炊化してくれるのですが、実にありがたいサービス。
これでボリューム面においても十分なクラスに格上げされますし、この雑炊がまた旨い。
鍋物の後の雑炊の旨さは皆知るところでしょうが、前述のようにスープが実に旨い鍋なので
雑炊にしたら、その真価を如何なく発揮するわけですよ。
そりゃもう一口一口に幸せを感じるばかり。イメージ的にはアマ公に餌をもらう畜生。

そんな感じに井の頭五郎じりに内心で旨い連呼で、今日のまるます屋も終わり。
〆て1800円という値段に更に満足度を上げるのであった。
やはり俺にはセレブな店よりも薄汚くも旨くて安い店がお似合いなのですよ。

それにしても、今日は今まで以上に混んでたなー。
14時ちょい過ぎくらいだと思ったのですが、店の前に5人くらい並んでる状態。
赤羽駅前で祭をやっていたからそれの影響かしらん。

孤独のグルメ (扶桑社文庫)(Amazon)
スタミナすっぽん煮込み鍋(4人前)


http://members.jcom.home.ne.jp/vampirdzhija/2007-4.html#070428より抜粋。

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

マーロウのプリンでレッツパーリィだぜ!

ねんがんのマーロウのプリンをかってきたぞ!


や、先週の金曜の話になってしまいますが。
最近書いているように、よほどの用事が無い限りは毎週末金曜は横浜の
そごう地下でスイーツを漁っていまして、その一環として購入。

前にも書いたようにここのプリンはバカ高いものの、入れ物のガラス容器が
コップとして実に素晴らしいポテンシャルを持っているので、7割くらいは
容器目当てであったりするわけで。

あー、でも今回買ってきた生チョコは興味ありまくりですが。
プリンそのものは正直なところパステルの方が旨いと思うのですが、ここの
生チョコは未知の領域だったもので。


この生チョコについては味もさることながら、注目すべきはそのボリューム。
生チョコといえば、大抵はチロルチョコくらいのサイズにパッケージされたものが
箱に入って売っているってのが通常ですが、これはプリンの容器にギッチリと
詰め込まれた悪魔的なボリュームの生チョコであり、バケツプリンや子供時代の
リットル単位のアイスを髣髴とさせる夢のアイテムでもあったり。

つわけで、早速食ってみたわけですがンマーイ! 普通に美味しい生チョコですよこれ!
容器に入ってるのをスプーンで取り出すってのは違和感が付き纏いますが、味や
食感はまさに生チョコそのものであり、そんなものが容器一杯にある現実!


ううむ、これは中々に贅沢なシロモノなのかもしれぬ。
貧乏性ゆえ、一気に食い切るってのは不可能ではありますが、長期に渡ってチョコが
楽しめるというのは中々に心躍るものですな。

あと、一緒に買ったエスプレッソのプリンはフツーに美味く上質なプリンでした。
エスプレッソの風味が強く引き締まった味わいでしたが、生クリームのコクや
ほんのり香るバニラビーンズが実によろしい。
食感もしっかりとしていて、スカスカな感じが一切ありません。

でも700円以上はやっぱり高いなあ。
生チョコは1300円だから更にヘヴィですが、生チョコは元々安くないので…。

送料無料!不揃いの訳あり濃厚生チョコ100個入り(Amazon)
生チョコのようなクラシック・オ・ショコラ(楽天)

http://members.jcom.home.ne.jp/vampirdzhija/2007-4.html#070425より抜粋。

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

横須賀に美味いプリンあり

今日は週末の金曜日ーってことで恒例になりつつある、横浜そごうに立ち寄り。

でもって大豆と納豆菌をば買ってきました。


再度納豆作りにチャレンジしようと思いまして。
つまり再チャレンジ政策でありやっぱりなんか胡散臭さ漂う政策である。

前回作ったものはまだ残っていて、冷蔵庫内でいい感じに熟成が進んでいるのですが
この前の作り方だと全体が完全に発酵してないことが判ったのと、ちゃんとした納豆菌を
使ってみたかったので、購入と相成ったわけで。

前回は納豆菌を使わず、市販の納豆をお湯で溶いて、その水溶液を蒸した大豆に絡めて
納豆菌の代用としてみたわけなのですが、それでもちゃんと出来るのだから驚きなのだわ。
てなわけで、今度は純正の納豆菌を使ってみたいなあ、と。

残っているものを食い尽くしてからの製作になると思いますが、その時はより旨い
納豆が作れれば良いなあと思うばかりです。


あと、横浜そごう内をうろつき回ると否応なしに堪らぬスイーツの店が眼窩にバンバン
入ってくるわけですが、今日のところは華麗にヌルーしたり。
パステルは先週買いましたし、目に付いたマーロウのプリン1個800~1000円前後
べらぼうに高くて一瞬どころかドン引きの上即時帰宅。
流石にパステルの倍以上は辛いよママン……。

まあ、容器のビーカーを持ち寄れば1個につき200円戻ってきはしますが。
ただ、ここのプリンの容器ってばこの上ないくらいにコップして使いやすいんだなあ。
容量といい、持ちやすさといい、内面積といい、コップオブコップと言っても良いくらいに。
3つくらいあったのも、割れに割れて残り1個だから補充用に来週買っておこうかな……。

この生チョコが気になって仕方ねえ。

飯盒でDoプリン(飯ごうでどっぷりん) (Amazon)


http://members.jcom.home.ne.jp/vampirdzhija/2007-4.html#070413より抜粋。

テーマ : 作ってみた
ジャンル : グルメ

扶桑の名物

前々から作ろうと思っていましたが、納豆作ってたりします。


自家製納豆の旨さにお前が泣いたという話を幾度も見かけていて気になっていたのですが
この前買ったヨーグルトメーカーで作れるってコトですので、大豆を買ってきて製作開始。
よもや俺の人生で大豆そのものを買う日が来るとは思わなんだですよ。
500gで400円くらいの国産大豆ですが、煮た直後の味わいは中々のものでした。

でもって今は納豆菌を浴びせまくってヨーグルトメーカー内で発酵中。

今現在、蛮族ジープに乗った蛮族に襲われる寒村のごとく、無垢な大豆が野卑極まる納豆菌に
侵食されていると思われますが、水分が結構残ってるので、同時に悪辣非道の腐敗菌も
繁殖していそうで戦々恐々の状態でありドキドキパニック。

→本日21時をもって納豆が一応の完成を見ました。

確かに納豆そのものの匂いもしますし、粘りも三重様が改めても「良いでしょう」と言われる
くらいの感じではありますので、問題はないと思うのですが、納豆独特の香りと共に
公衆便所みたいな香りがするのはデフォルトと考えていいのかしら。

作る際にアンモニア臭が出ると聞き及んでいましたが、これがそれなのかしら。
まあ、冷蔵庫で1日2日寝かせば臭気は消えるって話なので、とりあえずは冷蔵庫に入れて
一日ほど瞑目して待ちたいと思います。

納豆かき混ぜ専用器 ナットクン(Amazon)
納豆菌(3g)(楽天)


http://members.jcom.home.ne.jp/vampirdzhija/2007-4.html#070408より抜粋。

テーマ : 作ってみた
ジャンル : グルメ

プリップリン体操

ヤター、パステルのプリン買ってきたよー。


週末っつーことで、甘味を堪能しようと思ってコンビニに足を運びかけたのですが
たまには豪勢に行ってやろうじゃねえかということで、横浜そごう内のパステルへ侵攻。

横浜そごうはスイーツの店や、食材が豊富な店や中々の酒屋など、誘惑が多くて
大変困りますが、とりあえずは目的のパステルゲット。
ここのプリンを最初に食ったのはいつだったかもう忘れてしまってますが、食った時の
電流が走らんばかりの衝撃は未だ健在であります。

今までのプリン感を一新するほどのハート泥棒っぷりでありましたが、今現在でもまだ
プリンチャンピオンの座を維持するほどのお気に入り具合であります。

いくつかのプリンと共にイチゴとスパークリングワインのゼリーなるものも買ってみましたが
こっちはどんなものかしら。
基本的にイチゴ系のスイーツに秋波を送ることが多い俺ですので、問題ないとは思いますが。

ケメコデラックス!/プリップリン体操(Amazon)
パステル ネットショップ(楽天)

http://members.jcom.home.ne.jp/vampirdzhija/2007-4.html#070406より抜粋。

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

こくまろミルク

Caffe Del Soleなる店でジェラートをもきゅきゅと。


シングル、ダブル、トリプルと選べたので間を取ってダブル(ミルク+チョコ)を。
シングルと10円くらいしか変らないので実に良き値段バランスと言えましょう。
味自体は実に真っ当な味と言う外ない類の味でした。値段相応というべきか。
あ、値段は370円です。

基本的に外であまり食わない俺ですゆえ、たまにこーいうのを食うと格別に旨いですな。
今年は旨い物巡りにもう少し力を入れてみようかしら。
気になっている店も既に何軒かある状態ですし。

話は少し戻って、ヨーグルトの種は買えなかったので代わりにヨーグルトの根幹を成す
牛乳をジャージー牛乳なるちょいとイイ物を買ってみたり。
800mlで700円ってのは普段とは別世界過ぎて一瞬引いたけど、半額というシールを見て
覚悟決めて生まれて初めてジャージー牛乳買いました!
あまりにも濃厚で牛乳とは思えない味で、牛乳嫌いの俺でも飲めました!

でもヨーグルトへと人体改造をされる運命であり、おはようございました。


ヨーグルトメーカーを買ってから何回かヨーグルトを作ってみましたが
牛乳によって少しずつ味が変わってくるので中々に楽しいのですよ。
ジャージー牛乳というやや強まった牛乳がどんな味を示してくれるか楽しみでありんす。

この前は普通の牛乳に生クリームを加えて作ってみましたが、全体的に非常に濃厚な
味わいになっててステキでしたが、発酵が終わった後の上澄み液にコーンスープばりの
膜が張ってたのにはどうしようかと思いましたが。


まあ、単なる脂の膜だったわけですが。

おうちでつくれる コーカサスヨーグルト2g*12包(Amazon)
カスピ海ヨーグルト手づくり用種菌セット(送料込) (楽天)


http://members.jcom.home.ne.jp/vampirdzhija/2007-3.html#070331より抜粋。

テーマ : 作ってみた
ジャンル : グルメ

ふわふわ蕎麦(タイム)

土曜日は友人共と宴に興じていたのですが、舞台は東横線沿いの大倉山という
場所で、店は『蕎麦バー かつのや』というトコロ。


大倉山に引っ越した方のお招きだったのですが、その人も未踏ということで一種の
博打だったのですが、思った以上に満足度の高い店で一同満面の笑み。
値段は安くは無いですが、高いというほどでもありませんし、満足度を考えると
十分すぎるものがあったかと。
やはり美味い物を食うってのは幸せになれるステキな行為ですな。


内容としましては、店の名前が示すとおりに蕎麦がメインの料理が大半。
そうでもないメニューも当然ありましたが、折角だから蕎麦メインで行こう、絶対にだ。
というコンセプトの元、蕎麦系のメニューばかりを頼んでみたり。

蕎麦入りの出汁巻き卵、蕎麦入りのシーザーサラダ、蕎麦掻、蕎麦の春巻き、揚げ蕎麦の
とろろがけ、蕎麦味噌のもろきゅう、そして最後の〆にかき玉蕎麦と最初から最後まで
クライマックスなラインナップで攻めてみましたが、どれもこれも堪らぬほど美味く、
驚きに満ちたシロモノばかり。

出汁巻き卵には茹でた蕎麦と紫蘇が真ん中に包まれていましたが、出汁の効いた卵と
淡白な蕎麦が実にマッチしており、紫蘇の葉がい~いアクセントになっていました。

蕎麦入りのシーザーサラダは揚げた蕎麦がトッピングになっているサラダでしたが
ドレッシングの中を泳がせたかのごとき濃厚なシーザーサラダに対して、揚げた蕎麦が
実に良い緩衝材になっていて、気が付いたら全部平らげていたり。

蕎麦の春巻きは中に蕎麦が入っているだけでなく、恐らくは皮も蕎麦粉製。
味わいがフツーの皮とは明らかに違ったのですが、これがまた香ばしくて美味いこと。
惜しむらくは量が少なかったことですが、それを上回る満足度。

もろきゅうは一見何の変哲も無いモノだったのですが、よくよく見たら味噌に蕎麦の実が
混ぜ込んであり、普通の味噌とは一線を画す爽やかな味わいであり、胡瓜が無くなった後も
その味噌を肴に酒が飲める実に良き一品でありました。


そして最後を締め括るはかき玉蕎麦。


てっきり掻揚げ系統かと思ったのですが、こっちのかき玉だったのですな。
ちょいと意表を突かれましたが、濃厚なあんかけ風の出汁に、ふわふわの卵が蕎麦に絡んで
口に入ってくる時の口福感ってのはなんと表現していいか分からないですな。

卵や出汁のおかげでボリュームもありましたし、あんかけっぽい形状のおかげで
最後まで熱いまま食えましたし、この選択は正解だったとしか。
他の方々が食っていた天ざるも天ぷらが揚げ立てかつ量も結構あり、そそられましたが。

そんな感じで2時間に渡る宴は全員の笑顔で完了!
2時間勝負は俺達ズリ舎弟の絆を更に固めたぜ!

家庭用麺打セットA そば・うどん麺打入門DVD付(Amazon)
安曇野から信州の生そば4人前を打ったその日に発送(楽天)

http://members.jcom.home.ne.jp/vampirdzhija/2007-3.html#070326より抜粋。

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

種、種ェ(ヨーグルトの)

ヨーグルトメーカー買ってみました!


先週の月曜にちょろっと書きましたが、本当に実行してみました。
これで慧音おばちゃん謹製の牛乳(うしちち)がいくらあっても困りません!
でもおばちゃんという呼称は書くたびに心が痛みます! でもちょっと怪感!

まあ、それはいいとして、とある理由でヨーグルトの種を買ったのですよ。
それで自家製のヨーグルトという物に興味が湧いてしまったというのが理由の一つ。
牛乳自体は駄目だけど、乳製品化すれば平気なんで健康にも良いかなー、と。

選んだのはTANICAのヨーグルティアって商品。
値段はちょい高めですが、評判も良いようですし、用途も結構豊富だったので。
ヨーグルトのみならず、納豆も作れるってのは納豆スキーの俺にとっては非常に
素晴らしきセールスポイントと言えましょう。

で、とりあえず余ってた種と500mlの牛乳で作ってみましたが、フツーに美味いですな。
砂糖とかは全く入れてないので、甘さとかは全くありませんが、蜂蜜でも入れれば
丁度良い塩梅になりますし、何より非常に新鮮ってのが素晴らしいですな。
そのまんまですが、実にフレッシュな味わいと言えましょう。

この作ったヨーグルトを種にして更に作れるって話なので、今度はそれに挑戦予定。
牛乳と電気さえあれば無限に作れるってのは便利だわー。

あと、納豆も市販の納豆を媒体に作れるようですので、これも今度挑戦予定。
自分で作った納豆はどんな味わいになることやら。

おうちでつくれる コーカサスヨーグルト2g*12包(Amazon)
カスピ海ヨーグルト手づくり用種菌セット(送料込) (楽天)

http://members.jcom.home.ne.jp/vampirdzhija/2007-3.html#070321より抜粋。

テーマ : 作ってみた
ジャンル : グルメ

梅、梅ェ

『果実酒びん 4L』


とある用途のために購入。

通販の最強に強まっている点ってのは季節を問わず色々手に入ることですな。
この果実酒ビンも梅酒が作られる時期には色々な店で買えますが、今の時期ですと
探せど探せど見つからなかったりしますが、通販なら検索かければすぐにでも。

こうして引き篭もり生活にブーストが留まらぬ俺であった。

梅酒ビン 7号 5L(Amazon)

http://members.jcom.home.ne.jp/vampirdzhija/2007-3.html#070306より抜粋

テーマ : 作ってみた
ジャンル : グルメ

熟成させてたと言えば聞こえはいいが

澤乃井園

正月にとある筋から頂いた日本酒がものっそい旨く、その酒造がある場所を調べたら
上記が出てきて、行きたい欲に火が付いてしまったので。
当然のごとく酒は豊富にあるようですし、豆腐料理が中々に旨そうで。

最近、遠出らしい遠出もしてないですし、新規開拓の意味合いもこめて来週あたりにでも。
ちょうど、3/10には東京で酒宴の予定ですし、次の日にその足で出向くのがいいかしら。

↓が件の酒。


去年の12月に絞ったばかりの新鮮この上なさが最大の武器。
そんな逸品を3ヶ月近く空けそびれた俺は如月ちゃんと同レベルの勿体無い野郎かもしれません。
来年は買ってすぐに飲むようにしないと……!

味としては、前述のようにものっそいフレッシュな味わいですな。
もはや果実酒と言っても過言ではないレベルの飲み口に加え、少し溶け込んだ炭酸がこれまた
飲酒欲を掻き立てることオーバードブーストの如く。
ついつい飲みすぎてしまいかねないので、一日一杯を厳守で。

肴にはホタルイカの沖漬けをレギュラーにしていましたが、これまた合うんだよなぁ……。
濃厚なキモの味を綺麗に流す炭酸含む日本酒とはなんと素晴らしいものか―――!

GA -芸術科アートデザインクラス-(Amazon)
「生」「沖漬け」「茹で」からお好みで選べる!【山陰沖産】ホタルイカ(楽天)


http://members.jcom.home.ne.jp/vampirdzhija/2007-3.html#070306より抜粋。

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

ファントムブラッド映画版を見に行った後の話

一蘭の特濃ラーメンとゴディバのチョコレートドリンクは大変美味。


ラーメンは超こってりの当然替え玉アリで。
その後、ラゾーナに向ってゴディバの店を探し回ってドリンクゲット。
ドリンクというよりはむしろスムージーでしたが、ゴディバらしくスッゲー美味かったです。
また行く時注文させて下さい! ホットが出るスケジュールを見てまたもたれまくってます!

ああ、気分はまさにメタボリック!

ジョジョの奇妙な冒険(1)(Amazon)
ゴディバ 楽天ショップ(楽天)

http://members.jcom.home.ne.jp/vampirdzhija/2007-2.html#070218より抜粋。

テーマ : 食べ歩き!
ジャンル : グルメ

まるます家リターンズ

この前(1/6)武蔵浦和で飲んできた帰りに赤羽に立ち寄って
なんでもおいしいと公言される「まるますや」にまた行って来ましたよー。


前回行った時も雨でしたが、ここに来るには雨というフラグが必要なのかもしれぬ。

今回は武蔵浦和の友人と2人で行きましたが、折り良くボックス席も空いていたので
すんなりと座れて安心するばかり。タイミング悪いと一人ですら座れないからなあ。
それにしても、相変わらずの年齢層の高さと活気のある退廃感がなんとも素敵。

壁一杯に貼ってあるメニュー(一部)


この前はうな丼と生湯葉刺しを食いましたが、全メニューを制覇するには
幾度と無く足を運ぶ必要があるのは明瞭。
この店が密かに気に入りつつある俺としてはいつかは全制覇の夢を抱き中。

んで、今回頼んだのは前回同様にうな丼をデフォルトに新規で鯉の洗い。


そして鯉の刺身に豚の角煮。


うな丼は相変わらずのコストパフォーマンス。
旨いし安いし量はあるしで、これほど素晴らしい食い物はそうそうねえ。
余ったご飯で他のおかずを食うのはもはやデフォルトの域。

鯉の刺身は「鯉とうなぎの店」と称するまるますやに行ったからには
是非とも食らっておきたい一品。
つーても鯉を食ったのはこの時が初めてであり、鯉童貞が散った……!

肝心の味ですが、実にあっさり。
傾向としては、アジをもっとあっさり目にして歯ごたえを加味した感じ。
クセも無いので、万人に受け入れられるタイプかな、と。
想像していた泥臭さが無かったのは嬉しい誤算。

あと、新鮮なのか板前の腕がいいのか、すげえ綺麗で歯ごたえも良かったのもまた嬉しい誤算。
こんな汚ったねえ店でこんな物が食えるなんて幸せすぎる。
値段も600円くらいですし。


もういっちょ鯉を食ってやろうじゃねえかと鯉の洗いも注文。
鯉の刺身を湯に通して氷水で締めた物って解釈すればいいのかしらん。
食感は鯉の刺身の水分を結構抜いたような、若干パサついたようなもの。
味は刺身と大差ない感じですなー。
酢味噌をちょっと付けて食うと存外にイケます。

豚の角煮は余ったご飯を食すため。
これは実にオーソドックスな味ですが「うん、これこれ」と孤独のグルメな感想を
漏らすことはほぼ間違いない味わいで妙な安心感が。
柔らかさとご飯の進み具合は絶品と言っても差し支えぬレベル。


写真撮ってないものとして、ナマズのから揚げ&フライドポテトがありますが
どちらも注文後に揚げるため、揚げたてが味わえる幸せを享受可能。
この点は地味にポイント高し。

ナマズはこれまた初めての体験でしたが、クセのない白身魚って味ですなー。
フツーに旨いです。
ナマズの刺身もあるとかいう話ですので、メニューに見つけたら注文予定。

と、いうわけで、今回のまるますや行脚も「うん、うまい」を合言葉に完了。
また機会があったらば是非とも訪れておきたい店です。
そして己のオヤジ化のあまりの進攻具合に若かりし頃に別れを告げたい気分に。

関連リンク
孤独のグルメ 【新装版】 (Amazon)
うなぎのあいかね 特上うなぎお試しセット(楽天)

http://members.jcom.home.ne.jp/vampirdzhija/2007-1.html#070110より抜粋。

テーマ : こんな店に行ってきました
ジャンル : グルメ

コチンコチン(声に出して10回繰り返してみよう!

『福寿 凍結酒』なる酒をゲットしたので飲んでみんとす。


名前の通り、凍らせた日本酒ですな。
ただ、家庭用の冷蔵庫じゃアルコール度高めの酒は凍らないらしいんで、こいつは
マイナス20℃で凍らせてある、とびっきりクールな日本酒だったりしますが。

食い方っつーのか飲み方っつーのかは定かじゃないですが、凍ってる状態のをかち割って
食うのではなく、シャーベット状のを食うのがセオリーとか何とか。
こんな風に。


んでもって、冬の寒空の下でバニラアイスを食らう病弱少女の如くザクザクと食いましたが
なんともユニークな食感とお味でありました。
や、日本酒は日本酒だし、シャーベットも夏にはお世話になってるアイテムなんで、
どちらも珍しいものじゃないのですが、それらがドッキングを果たすとこんなにも不思議な…。

本来、日本酒は凍った状態で食うものじゃないという違和感と、基本的に甘いものが中心の
シャーベットが日本酒の風味という違和感が合わさって物凄くユニークな味わい食感に。
だがマズクない!決してマズくないぞ!
や、すこぶる美味いとも言えなかったりする味ではありますが、水準は十分にクリア。

水とアルコール分が分離しているのかなんなのかはよく分かりませんが、とにかく濃厚。
単なる日本酒と思って齧り付くと、予想を超えた酒っぷりにヤラれること間違いなし。
この感覚は酒好きの人には是非とも味わって欲しい感覚だわ。
おかげでザクザクと掻っ込むことは出来なく、ちびちびと食う破目に。

溶かし切って単なる生酒にすると、一気に飲みやすくなりますが、再凍結するのは難しいので
やっぱり凍っているうちに食ってしまうのが吉と出るかと。

俺が買ったのは凍結日本酒と凍結梅酒のセットですが、今日は日本酒だけ食したり。
明日かそこらに梅酒も食してみようと思います。
梅酒は甘いし味も分かりやすいからフツーに美味そうなんでわりと期待大。

それにしても、セット販売しかしてないってのは勿体無いなあ。
一本とはいわずとも、一本ずつのセットとかあれば気軽に試すことが出来るのに。

微妙な関連リンク・◆◇凍らせるとおいしい飲み物◇◆

ああ、ヤクルトは確かに美味そうだ……。

キャンパーズコレクション シルバークーラーバッグ(35L) (Amazon)


http://members.jcom.home.ne.jp/vampirdzhija/2006-12.html#061215より抜粋。

俺は夢でも見ているのか……?

昨日は埼玉の方で飲んだくれていたのですが、帰りがけに赤羽に寄ってみたり。
赤羽に寄る用事なんて本来は皆無なのですが、赤羽にはある店があるので、そこが目的。
何の店かは↓の写真で分かる人には分かる筈。



この昭和テイスト漂う大衆食堂的な雰囲気と、うなぎがメインの店。


そう、孤独のグルメに出てきた「うちはなんでもおいしいよ」の店です。


ご飯があると分かった瞬間にメニューが全ておかずとして立ち上がり、朝から酒を飲む人々に
面食らうあの店ですよあの店。その名もまるます屋。

昨日場所を調べたら赤羽にあるということが判ったので、実にいいタイミングと思って
来てみたわけですが、本当に孤独のグルメまんまの店で、まさに追体験気分で一杯でした。

店自体は昭和25年からの物なんで、見た目の通り小奇麗とは程遠い感じですし、店の中も
昼間から酒を飲むおっさん以上の人種で埋め尽くされるという、おやじ加齢臭パーク。
あの雰囲気は慣れない人にとっては踏み込むことが出来ない独特の空間と言えましょう。
実は俺も最初はその雰囲気に圧倒されて帰ろうとしましたし。

結局は男は度胸の合言葉を胸に突入をしてみたわけですが、入った瞬間に目の前に広がる
孤独のグルメ世界の心も浮き足立つというものです。
ほぼ満席の客入り、コの字型の狭いカウンター、そして壁一杯に張ってあるメニュー。
俺は……夢でも見ているのか……。

と、前述のようにメニューはみんな壁に貼ってあるから何を頼むにも迷うこと必至。
あーいう雰囲気で熟考するってのは不可能に近いですし、無駄に焦る焦る。
結局はオーソドックスにうな丼と、一度は食べてみたい生湯葉の刺身で。


結論から言いますと、どちらも非っ常に美味しゅうございました。
うちはなんでもおいしいよの台詞は伊達じゃない…ッ!

うな丼のうなぎは脂がしっかり乗ってて全然安っぽくないですし、ご飯も大満足の大盛り。
そして肝吸いまで付いてきて750円というリーズナブル価格。
井の頭五郎もやっていたように、ついでにいくらのどぶ漬けでも頼むと丁度良いかも。
うなぎに対してご飯が多めなんで、うなぎを食い終わった後の跡目として。

生湯葉刺しもまさにあの通りの仕様。
間にあさつきが挟んであって、それを酢醤油ともみじおろしでキュッと噛み締めつつ。
非常に淡白な湯葉にあさつきの爽やかさがよく合うスグレモノです。これで500円。
ついでに「京都を思い出すな」と心の中で呟けばパーフェクト。

お腹が空ききっていればあと何品か注文したかったのですが、今日はこれで限界。
1250円で大満足の味と量を堪能。
今日もほぼ満席状態でしたが、これならそれも頷けるというもの。
是非また行ってみて、今度は違うものと昼間から酒を飲んでみたいところです。

値段や味もよろしかったですが、ついでに言うと出てくるのが尋常じゃないほど早い。
注文して一息ついたら湯葉刺しが、それから数十秒後にはうな丼が、というスピード。
その間、約2分!
まさに旨い、早い、安いを体現している古き良き店と言えましょう。

孤独のグルメ好きならば是非とも一度は足を運んでみるべし。
そうでなくともあの味と値段は特筆に価するんで、赤羽に寄った際は是非。
目印は↑の写真にある1番街の看板。
駅のイトーヨーカドーが無い側から出て左に目をやればすぐに見つかるんで、そこから
道なりに1分ほど歩けば見えてきますんで。

関連リンク
孤独のグルメ 【新装版】 (Amazon)


http://members.jcom.home.ne.jp/vampirdzhija/2006-12.html#061209より抜粋。

テーマ : 居酒屋
ジャンル : グルメ

プロフィール

K(仮称)

Author:K(仮称)
GF団というキモいサイトから蛮族的な内容を抜粋。

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。