スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

\\すげえ// \\やべえ// \\チャーシュー//

富山市内にある「きりん飯店」で食った焼豚麺が本当に凄かった。


デカァァァァァァイ! そして枚数も多い! なんというチャーシューランド!


この質量……まさに肉の暴力というのが相応しい!
ここ最近、食える肉の量が激減している俺には多少辛いものがありましたが、雄野郎の
ド根性を発揮してヒイヒイ喘ぎつつも完食してやったぜ!

余計な味付けが殆どされていない為か、肉そのものの味がこれでもかと堪能できる作り。
厚めではあるけども、若干の抵抗を感じる程度の固さであり、容易に噛み切ることが可能。
むしろこれぐらいの抵抗があったほうがより味わえるというもの。
チャーシュー自体は切り立てっぽく、やや冷えているのでスープに浸して温めると
より一層以上に美味しく食えたり。むしろそうしてこそ至福への道が。

その暴力的でありつつも美味きチャーシューを支えるラーメンですが、実にテキトーな味。
うん、ラーメンをウリにしていない中華料理屋のラーメンってこんな味だったよね……。
このラーメン部分が本気を出したらドえれえことになるんじゃなかろうか。
個人的に味噌ラーメンバージョンも出してほしいところなんだぜ。

この厚さ、はるみねーしょん級!


\\すげえ// \\やべえ//
 持ってる人にしかわからねえ大変不適切な例えですね。

店頭にあったサンプル。


サンプルよりも巨大ってのは実に珍しいことよね……。
花畑牧場のホエー豚丼なて見事なまでのサンプル詐欺だと言うのに。

はるみねーしょん (1)(Amazon )

http://members.jcom.home.ne.jp/vampirdzhija/2009-3.html#090302より抜粋。

スポンサーサイト

デビル芳佳のクッキー

やあみんな、ジョン・ヘンリー・エデン大統領だ。
よかったら、私の話を聞いてほしい。
ストライクウィッチーズ第2期を記念してまたクッキー作ったよ!


相変わらず不細工な上に、ココア地にしたら表面の凸凹とかが目立ってしまって
以前よりも禍々しさが段違いにアップするという顛末を迎えてしまったがな!
あと、ココアの脂肪分の影響でテカりが増してしまったのでキモさも増量中だよ!

前のシャーリーと同じく、第9話アイキャッチのモンスター芳佳がモデル。


ああ、この芳佳だから多少以上に禍々しくても問題ないか。
あのシルエットモンスターは芳佳の獣性だけを抜き出したようなものだし……。

ちと目の部分を大きく抜きすぎたのと、体部分を作成できなかったのが心残り。
まあ、体部分をまともに作ったら、巨大すぎていろいろと難儀しまくりですが。
誰得そのもののクッキーですが、ここまで来たら残りのルッキーニも作りたいところ。
予定では来週か再来週か未来永劫未定かでありサッパリ分からねえ。

製作工程の図。


口の横が細すぎて抜き出すのに一苦労したのが印象的。
今まで抜き出してた部分をプレーン地で埋め立てて作るというのもアリかもなー。

関連リンク
ゲーム版ストライクウィッチーズ、サブタイトル決定!
PS2版『ストライクウィッチーズ-あなたとできること A Little Peaceful Days-』(Amazon)
ストライクウィッチーズDVDシリーズ(Amazon)

http://members.jcom.home.ne.jp/vampirdzhija/2009-3.html#090301より抜粋。

はやーい おっきーい やわらかーい

シャーリーバースデーを記念してクッキー作ってみんとす。お目を汚すばかりの。


元ネタは10話のアイキャッチにいる悪の枢軸の1体っぽいシャーリー。


具体的にはそれを元にしたAAを参考にしたわけですが。

ぶっちゃけ再現度は低いし、元ネタより数段不細工で凹むことしきりですが、なんとか使える
クッキー型を自作できることが解ったのは大きな収穫であり、今後もちまちま作れるといいねえ。
具体的にはこれのリメイクとか、同じアイキャッチのモンスター芳佳とかルッキーニとか。

余談も余談ですが、型は0.3mmのアルミ板を細長く切断して手でぐねぐね曲げて作成。


細かい部分を作成するのは面倒だし、焼いた際に膨らんでディティールが潰れるのが悲しい喃。
まあこれは焼き菓子の宿命みたいなものだから、諦めつつ少しは大雑把に作るべきかー。


あと、元ネタを考えるとココア地で作るべきだった(黒いから)と猛省。
試作だったとはいえ、それぐらいは考えて然るべきだったわー。
全体をココア地にして、口と目の部分だけプレーンってのも手だわなー。

やや離れてるかもだけど、関連リンク
ストライクウィッチーズ 秘め歌コレクションシリーズ(Amazon)

北海道を食い尽くせ!

今日のところは旅行中に食ったり飲んだりしたものを列挙してお茶を濁すとします。
写真ばっかで重くなると思いますが、ご容赦を希うー。

2/7編。

搭乗前は甘味で禊の儀式を行うが雄野郎としての正道であり王道。


いつもはサツマイモソフトで禊ますが、今回は別の店のロールケーキで。
ほぼ出来立てに預かることが出来、ふわふわのスポンジに滑らかなクリーム、まだまだ
劣化という穢れを知らぬイチゴの織り成すジェットストリームアタックに出発前から
とろけそうでありんすよ? とけろなよ、そしてみだれなよ。


昼飯はYU-SHOWさんオススメのポルコなる店。


完全な個人経営ということもあり、混んでいる時はすんげえ待つとか。
頼んだのは牛すじカレーとドクターペッパー。
ドクペは小学生の頃に間違えて飲んで吐きそうになった思い出深い飲み物ですが、加齢のせいか
味が変わったのか、全然問題なく飲めてしまって拍子抜け。

カレーは辛さの調整を見誤って辛さに喘いだものの、味そのものは非常にハイレベル。
何がどう美味かったかは食うのに夢中でよく覚えてないけど。

牛すじも良かったけど、特筆すべきは暴力的とすら言える野菜の量。
大きめのブロッコリー2つ、ナス1本、にんじん半分くらい、ピーマン2切れ、ブナシメジ
じゃがいも丸々1個という大盤振る舞いであり、ひとつひとつがすんげえ美味い。
スーカプカレーは野菜がメインとすらいえる食い物ですが、これはひとつの到達点かも。

特にナスの美味さは今まで食ったナスを軽く凌駕するレベル。
このナスにならば俺の処女を奪われても本望と言いたくなるほど。
ナスを更にトッピングで頼んでも良かったかもしれぬ。

あと丸々1個入ってるゆで卵もまた名優。
普通のゆで卵かと思いきや、固まってる部分が無いほどの半熟状態であり、スープに具材に
更なる味わいを付与するという、素晴らしき役を担ってくれやがります。
スープ全体に混ぜ込んで味をマイルドにしてもいいし、部分的に濃厚な味を楽しむのもいい。

他のカレーも気になる物が沢山ありすぎるので、次回訪問時も行ってみたいところ。
特にチキンハンバーグ食いてえ。




北海道ではわりとメジャーなお菓子店、もりもとにて。


俺の地元的にはシャトレーゼが該当するかしら。
ポルコの帰り道にあったので、ちょっとデザートしようぜということで。

今回食ったのはプリンですが、他にも色々な菓子やパンがあり、それらも食いたかったけど
後々を考えると無謀なので泣く泣くパス。次に来た時はメシを食うつもりで訪問したい。
ああ、プリンは200円以下と安めの割りにめっさ美味かったです。
トロトロの食感に濃厚な卵とミルクの味わいが素晴らしい。OH!デリシャス北海道!


雪まつり会場にて。


札幌の姉妹都市であるミュンヘンの出展ブース。
ミュンヘン = ドイツ = カールスラント = 電撃戦だ! という理由で数ある店の中から
ここをチョイスした俺達は絶対に間違ってない。正義でもないけど。

ホットワインとスープ漬けのソーセージ。


数時間雪まつりを歩き回った俺達には何にも変え難いご馳走と暖であった。


スープカレーの店『S』にて夕食。


札幌からススキノに歩いていく際、いつも気になっていた店なのですが、ようやっと入店。
頼んだのはオーソドックスなチキンカレー。
ただのチキンではなく、タンドリーチキンなのがちょっと嬉しい。

そしてこの店の最大の特徴はスープ。 なんというか、こう、ラーメンスープ的な味わい。
スープカレーのスープってのは本当に色々な種類があって、普通のカレーに近いものだったり
ダシの味がすごい強かったり、そもそも何がなんだか分からなかったりですが、ここのスープは
全面的にダシの味が強く、カレーの風味は飲み終わった頃にほんのり香るくらい。

なんとも独特であり、ご飯要らず的な味わいですが、実に美味い。
トッピングに頼んだ水餃子との相性も抜群そのもので、スプーンが進む進む。
気がついたらご飯に手をつけずに半分くらい無くなってましたよ。
ご飯抜きでここまで食えるスープカレーってのも他に類を見ないであろう。


札幌の夜といえばピープルピープ。もはや定番と化したなー。


俺は以前も食ったけど、YU-SHOWさんが未体験とのことで、かぼちゃのパフェをセレクト。


アイスを凌駕する質量のカボチャ、そのカボチャが醸しだす半端ない甘さ。
これほどまでにカボチャの甘さを痛感できる食い物はあるだろうか。
全くもって素晴らしいパフェやで……。




朝のウトナイ湖て見た氷の結晶。ダイヤモンドダストやね。星矢的に。もしくは北へ。
性転換ヒロインの存在はもっと評価されても良いとおもうんだ。




2/8編。
円山動物園のネイチャーカフェ・アースで食った揚げパンとマウンテンZOOサンデー。


揚げたてのパンはサクサクふわふわ、かつ温かくで非常に美味。
サンデーの方も塩ソフトが新感覚で美味く、結構食べでがあるステキ菓子。
動物園内の施設と侮っていたけど、予想を遥かに超える上質の食い物たちだったわ。
値段も控えめだったし。




じゃれあうシンリンオオカミたち。


ちぇっ、見せ付けてくれるぜアニモーたち。
でも、動物達のじゃれあう姿って殊の外官能的であり、いかんともしがたい光景でありますな。
そりゃシャッターを押す回数も桁違いに増えるってもんだわ。まるで俺の興奮に比例するかのように。


夕食は手稲方面のピッキーヌという店でスープカレー。


数年前、俺が初めてスープカレーを食った店であり、原点にして愛用の店。
YU-SHOWさんに初めて連れてきたもらった日が懐かしいぜ。

 「これがお前のスープカレー道を開いてくれるメニューだ。ご挨拶せんか」
 「あ……は、はああ……ッ!」
 「どうした、美味いのか?」
 「お、俺ッ 体が 変……ッ あウウ……ッ よ……よだれが止まんねェよォッ!」
 「怖がるな! 私がここにいる! 全てを忘れて完食してみろ!」
 「うおおう! うおおおおおう!」


上記は全てハメコミ会話です。
今ではつまらないプライドを捨てたスープカレー奴隷であり、奴隷のプライドに満ち満ちております。

今回頼んだのはバジルのソーセージカレー。


写真を見てもある程度分かるように、すんげえ長い。
このボリュームだけでも堪らないのに、味がまた素晴らしいのなんの。
パリッとした極上の歯応えを経て、口の中に流れ込んでくるというのが相応しいほどの肉汁が
感動的なまでに美味いというか、今まで食ったソーセージの中でも間違いなくトップランク。
単品で頼めるのであれば、これを2本くらい注文して延々とビールを飲みたくなるわ。
これは次に行った時もまた食いたいわ。

ちなみにこのピッキーヌ、店内や駐車場はそこそこ広いし、店員の接客レベルも高く、カレー自体の
値段も安めであり、かつ出て来るまで数分だったりと、味以外に賞賛できるポイントが多いのが嬉しい。
スープカレーの店はよくも悪くも小規模で個性的な店が多いですが、こういったレストラン的な店も
良いものですなー。


そしてまた俺はピープルピープへ行く。
今回はラム酒とプリンのパフェ。


メニューで品切れになっていると思ったら、別の客が頼んでいたので俺も便乗。
出来ることならここのメニューは制覇したいからなあ。

ラム酒とブルーベリーが混ぜ込まれたアイスは他とは一線を画すアダルティックテイスト。
そのアイスとプリンの相性も抜群なのがまた堪らない。


よくよく見れば、容器の底にはラム酒が。
ある程度食ったら全部混ぜにしてみましたが、酒の味が更に強まって美味かったなあ。
酒好きには胸を張ってオススメできる一品かと。


ちょっと小腹が減ったので、ホテルでサッポロクラシックとご当地グルメの焼きそば弁当を。




戻し汁でスープを作るってのが面白いなあ。結構美味いし。


2/9編。

小樽に行けば必ず行くといっても過言ではない回転寿司・とっぴ~。


新鮮そのものの具材たち。そして真イカの白子とイカトンビ。


本マグロの赤身に活〆カンパチ。


鮭のちゃんちゃん焼きにチカ。


どれも美味かったけど、マグロの赤身がすげえ美味いと感じた。
今までは赤味なんて目もくれなかったけど、この歳になると赤味が美味く感じるなー。

んで、今回は5皿と恐ろしく控えめ。
つーのも1つの理由がありまして。

控えめにしておけばハシゴ出来るんじゃね? てことで、とっぴ~の対面にある和楽へ。


同じ回転寿司の店ですが、こちらも美味いと聞き及んだので。

店内で目に入るのは、とっぴ~とはまた違うラインナップと値段。
前者は最大230円という破格がウリですが、後者は最大440円と高め。それでも安い部類だけど。

色々と気になる吊りメニューから、まずはニシンを注文。


そしてマルコバン、紅鮭。


ハマチにホッキ貝のひも。


ネタの質も悪くないし、とっぴ~とはまた全然違ったラインナップが楽しめるのは良いなあ。
今後は被るメニューはとっぴ~、そうでないものは和楽という流れが良いかもしれぬ。
ただ、和楽の方が市街地に近いせいか混み具合が強まっているのが難点といえば難点か。

北菓楼のソフトクリーム。


乳脂肪を食ってるかのような濃厚すぎる味わいはソフトクリーム無双やねえ。
シュークリームも絶品揃い、バームクーヘンも美味いですが、ソフトは別格クラスと思うばかり。

雪あかりの路イベントが始まるまでと2時間という時点、小樽倉庫№1で酒宴開始!


寒いときにはやっぱ酒だよな!
この時期限定のドンケルボックビール、バナナのような香りがクセになりそうなヴァイス。
ドンケルは黒ビールとしてすんげえ優秀なヤツだったぜ……。

名前は忘れたけど32度の酒と、シャーベットとアイスのセット。


外が氷点下となれば、体に火を注ぎ込まねばなるまいと思って注文。
さすがに一気に飲むには厳しすぎる酒でしたが、ちびちびと、そしてシャーベットなんかと
一緒に食うには実に適した一品であり、注文したのは正解だった。
体もすんげえ温まりましたし、外に出ても半裸になって熊と戯れることが出来そうなぐらいだわ!
代償として体が揺れたり視界が安定しなかったりしますけど。


札幌ヨドバシの隣にある博多ラーメンの店、ばりきやで夕食。
ここも前から気になっていたものの、中々入る機会が無かったのでこれ幸いとばかりに。


頼んだのは「ばりこてめん」 濃厚なスープに加え、背脂たっぷりというヘビーデブ仕様。
博多ラーメンっつたらやっぱりこう、反社会的なまでの尖った内容でナンボだよな!
メタボが問題視される世情にあって、メタボ推進メニューを食す、ああ快感だ!

味自体はよくある豚骨系ですが、それゆえに安心してバクバク食える食える替え玉替え玉。
替え玉後は高菜と紅生姜で彩って更に食う食う。ゲフウ(デブ吐息)


2/10編。

旭川行きの特急内で朝食。



札幌駅のキオスクで購入したお茶とパンという質素な組み合わせですが、炭水化物は過剰だぜ。
あと、電車とうららという組み合わせはなんともトゥルーリッシュ。

旭山動物園にて食した白くまシュークリームと、園内のベーカリー。


シュークリームはカスタードと生クリームを合わせた大変好みの味わい。
園内を歩きつつ食うには実にいい菓子やね。

そのベーカリーで焼かれたクロワッサンとメロンパン。


焼きたてで熱々のクロワッサンは美味かったー。
外側の薄皮がぽろぽろ零れるのが難点ですが、これってハニカムにおけるミルフィーユ的な
用途
に使えるよねと考えるととってもステキな仕様ですね。使う機会無いけど。

メロンパンもまさにメロンパンって出来栄え。
灼眼さんちのシャナさんに食わせたら、感動のあまり巨大化して星黎殿ぶっ壊すくらいの活躍を
如何なく見せ付けてくれるんじゃなかろうか。

夕食は山岡家なる店で辛味噌チャーシューメン。


一部の人に分かりやすくいえば、とらのあな、メロンブックス等がある通りにある店であり
通るたびに豚骨のくっせえ匂いが鼻を突く店として数年前から気になって仕方なかったのですが
念願かなってようやく入店でありますよ。


ぶっとい麺! 大量のチャーシュー! そして豚骨の匂いが凄まじいスープ!
餓狼伝的に言えば―――――――獣臭!(画面半分くらいのフォントで)

でも、俺はこの獣臭漂うスープがもう好きで好きで堪らない、一種の臭いフェチでありますゆえ
この山岡家の仕様とは相性抜群であり、まさに貪るように食ったのであった。
途中でおろしニンニクをと辛味を加えて更に好みの味へ変貌させたりもしましたが。
やー、寒い時に食う辛くてクセえラーメンは最高だぜな!

ラーメン食った後はテレビ塔の展望台に登ったり、歩いて降りたりのイベントが発生しましたが
このホットワインは全てが終わった後の一服シーン。


初日も飲んだけど、ホットワインは美味しすなあ。
赤ワインは苦手だけど、ホットワインとして飲むには最適やね。
甘いワインをちょっと混ぜると更に最高だけど。


2/11編。

北海道最後の食事は千歳空港内にある北海道ラーメン道場内の味の時計台


普通の味噌ラーメンでも食おうかと思ったのですが、空港限定の雪のチーズラーメンを注文。
簡単に言えば、味噌ラーメンに粉チーズをたっぷりぶちまけたラーメンですな。
キワモノならキワモノでいいやと思って食いましたが、存外に美味くて拍子抜け。
好みの問題もあるでしょうけど、スープにすんげえコクが出て良かったなー。

難点を挙げるとすれば具が少なすぎ。
チーズがメインとなるんだから、仕方ないのかもしれませんが、もう少しこう、手心というか……。


北海道のラストはいつものように地ビールで乾杯!


ピルスナーの飲みやすさも捨てがたかったけど、エールの強い味わいは良いねえ。


なんかメシ画像スレみたいになっちまったけど、取り急ぎこんな感じで。
なんだかんだで今回も結構食ったり飲んだりしたもんだなー。
スープカレーのみならず、ラーメンにも着手できたのは俺にしては進歩と言えよう。

あと、旅行中は酒が殆ど入らないのがデフォルトでしたが、今回は小樽でしこたま飲んじまった。
2時間も時間余ってたら、そりゃ酒でしょう。武道家が出会ってしまったら勝負のように。

北へ。~Diamond Dust~Memorial Songs(Amazon)

http://members.jcom.home.ne.jp/vampirdzhija/2009-2.html#090211より抜粋。

さようなら俺の原点

んで、夜はかつてよく行ってた居酒屋の閉店日ということで、常連の友人共々飲み明かすことに。
開店の18時から20時までは予約で一杯とのことなので、他の店でちょいと時間潰すことに。

まずは軽く寿司を摘まもうか!(17:00~)


写真上方に見えるカードは、友人が持ってた今は亡きレッドストアの会員カード。
彼が複数個買っていた『北へ』のクッションを見た時の感覚は名状しがたいの一言。
本当に彼はよく出来たレッド野郎だったぜ。

寿司屋では軽く摘まみつつ、アップを始めるが如くビールを数本。
そばの芽の寿司ってのは初めて見ましたが、これはこれで美味いもんだ。
芽ネギといい、最近はこの手の野菜系寿司が好きになってきてるなあ。

そしてその件の居酒屋に突入した!(20:00~)


インターバルと称して別の店にも行った!(21:00~)


件の居酒屋に戻ってきた!(22:00~)


またまたインターバルと称してモスバーガーにも行った!(23:00~)


日付が変わってまたまた戻ってきた!(24:00~)


これ以降はインターバルと称して店を出ることも無く、朝3時までだらだら飲酒飲食。
最後の方は、他の常連客に混じっての酒盛りと化していましたが、全く知らない人と
酒を酌み交わすのもたまには良いものですなー。

んで、3時過ぎには久しく体験していなかったほどの酔いに苛まされつつ帰還。
今回の閉店は非常に残念でありますが、また何処かで新しく店を構えてくれますように……。


地ビール独歩 飲み比べ12本セット(Amazon)


http://members.jcom.home.ne.jp/vampirdzhija/2009-2.html#090201より抜粋。

ドロドロじゃない豚骨ラーメンの底力

博多天神でとんこつラーメン(500円)


もう本当にここのとんこつラーメンは大好きだわー。
とんこつにしてはあっさり目の味だけど、トッピングぶち込むには適してるし、そのトッピング類も
無料で好きなだけ入れられるし、替え玉は1つなら無料で済むし、注文してからすぐに出てくるしで
何もかもが好みであり、近所にも出来ねえかなあと思うばかり。

ああ、健康診断自体は非常に良好な結果で完了。
採血の時にやたら深くぶっ刺されて、未だにじわじわ痛むことを除けば。

針は細めだったけど、変なところに刺さったのかなあ。
献血のぶっとい針でも次の日まで痛むってことは滅多にないのに。
まあ、流石に明日には痛みも消えてるでしょうし、あまり気にしない気にしない。

【常温】熊本ラーメンこむらさき(Amazon)



http://members.jcom.home.ne.jp/vampirdzhija/2009-2.html#090201より抜粋。

秋葉のメシ事情の改善具合ってゴイスー

昼飯は秋葉原駅近くのカレー屋『Spice』にてスタミナカレーを。


知る人ぞ知るカレー屋バーグのメニューと酷似したカレーでしたが、とろかした黄身と
カレーの合わさった部分の美味さが堪らぬ一品であった。
フライドガーリックが薬味としてテーブルに常備してあるのもグッド。

カレー食った後は、新横浜のIKEAに行ってきましたが、その話はまた後日。
色々な意味で衝撃的な場所であり、経屋の模様替え欲がものすげえ刺激される場所でもあった。
あと、ソフトクリーム50円ってのは本当にすげえ。

オリエンタル 即席カレー 95g(Amazon)

http://members.jcom.home.ne.jp/vampirdzhija/2009-2.html#090201より抜粋。

月ヶ瀬梅原酒の すごい ベトベト

酒のストックも結構な量になってきたし、そろそろ消費しないとなー、ってことで。

濁り酒と石狩味。


どちらも北海道の土産ですが、この濁り酒が存外に美味くてよろしい。
銘柄については後日書く予定ですが、純米吟醸の辛口で、すげえ上等のどぶろくって感じ。
この辛口と石狩味の甘めの味がいーい感じのマッチングを見せて大変幸せ度高し。

同じ酒蔵で、大吟醸の濁り酒も作っているのですが、まだ発売していないよう。
今が丁度吟醸の仕込みの時期っぽいから、3月辺りに出るかなというか出てくれ。
アレほど美味い大吟醸ってのは他に類を見ないんだから。


月ヶ瀬の梅原酒は本当にすごい酒だった。


メールフォームから、すげえ美味くて死ぬるというコメントを頂いて、買ってみたわけですが
奴もまた注文していたとのことで、それを飲んでみた次第。

まず、杯に注ぐ時から感触が違う。
普通の梅酒ならばサラサラと出てくるものですが、これは水糊のごとくドプドプ出てくる感じ。
梅乃宿のあらごし梅酒もそんな感触ではありましたが、あちらは果肉がたっぷり入っているが故の
結果であるのに対し、この月ヶ瀬の梅原酒は果肉一切入ってないのですよ。
そんななのに、このドロドロ感……というか粘り気は他の梅酒とは一線を画すものを感じさせます。

味の方は評判どおりというか、原液としか表現できない味。
普通の梅酒がカルピスウォーターならば、この梅酒はカルピスの原液そのもの。
それぐらいに梅の旨味が凝縮されている液体であり、それを口内で解き放った時の鮮烈さときたら、
言葉に出来ずに目を見開き、頭の中で「あれ?」という位しか出来ないほど。

梅の味も凄いけど、蜜のような甘みもまた凄い。
ちょっと零れて乾いたら、その部分だけベトベトになるくらい。

あまり数が出ていない商品みたいですが、間違いなく一飲の価値があるドすげえ酒なので、
梅酒好きであるならば酒酒詐欺にあったと思って買って飲んで悶絶してみるべし。


浪乃音酒造のかぼす搾りは今回の影の功労者。


どこまでもサッパリした爽やかな味のかぼす酒。
甘さは控えめ、果実のエキスは多め、他の柑橘系に比べて酸っぱさとクセが若干強め。
そんなタイプなので、口の中をリセットするのに最適すぎる。
前述の梅原酒で口の中が梅で一杯になっている時に飲んでみましたが、見事なまでにスッキリ。

もちろん、これ単品でだらだら飲んでも良いしの万能選手。
結局、昨日はこれを一番飲んだんじゃなかろうか。

マンズワインの蜜柑ふるるはとてもクセのない子。


あー、一言でいえばミカンジュース。
それ以外には形容できない味ですが、ミカンジュースと仮定しても味のランクは高い。
かぼす酒とブレンドしたら予想以上美味しくなってしまったのは嬉しい誤算。


あとは日本酒をちょっと飲んだりぐらいでしたが、梅原酒の度数が20と高めだったこともあり
結構早く、そして深く酔っ払ってしまうという有様。
それでも巌窟王やら喰霊やら宇宙かけを見つつ3時間くらいだらだらと。

次は俺も果実酒を色々揃えて果実酒祭りを開催するかねー。

梅酒・早春 720ml(Amazon)

http://members.jcom.home.ne.jp/vampirdzhija/2009-1.html#090124より抜粋。

釜飯と牛むすを組み合わせた、まったく新しい宇奈月温泉

出来立ての釜飯ってのは気が狂いそうなほど美味いものですよね。


富山は宇奈月温泉駅前の『河鹿』なる店にて。


出て来るまで多少待つと聞き及んでいましたが、帰りの電車まであと1時間あったので、
まあ問題なかろうと思って入ったのですが、実際に食い終わったの電車が出る5分前。
生米を釜に入れるところからスタートするってのは想像以上に時間かかるものだぜ……!

入店時に「30分くらいかかる」と言われたものの、それぐらいならば問題ないよということで
カウンター席に着き、目の前で炊き上がっていく釜飯をひたすら眺めて待つ。


合計10個以上の釜飯が同時に炊けるキッチンでしたが、釜をセットした時間はまちまち。
そんな状態にもかかわらず、それぞれの炊け具合をきっちり把握し、適切に具を入れていく
おばちゃんの業前は見事の一言。
電車の時間というタイムリミットに焦燥感を募らせつつも見入ってしまったわ。

ちなみに、手前にある釜は炊き上がって蒸らし中。この蒸らし時間が結構長くてなあ。

そして入店から待つこと40分ほど、ようやっと釜飯様のご登場ですよ!


入っている具材は海老、カニ、鶏肉、山菜といった海の幸山の幸コンビ。
米の炊け具合はちょっと硬めで大変俺好み。
味付けは薄めでしたが、それゆえに米やら具やらの旨味を全力で享受出来るというもの。
釜飯らしい産物、ほんのりしょうゆ味のおこげもまた堪らない味わいと食感やね。

量もそれなりにあったけど、空腹も極まりつつあったので約5分で食い終わり。
っていうか、こんな美味いものをゆっくり食うなんて出来るわけがねえ。
食えば食うほど体が欲してしまい、箸もシャモジも止めることは出来ずにひたすら食うのみ。
美味い物ってのは、気が付いたら空っぽになってる物を指すのですよ。多分。

聞いた話では、この店はおでんもすげえ美味いとのことなので、もしまた訪れることがあったら
その時は夜になってから入店しておでんを貪ってみたいところです。
宇奈月方面はトロッコ鉄道に乗るだけで終わってるから、温泉巡りを含めてもう一度くらいは
リベンジしたいところだしなあ。

河鹿
富山県黒部市宇奈月温泉330-19
11:00~14:00、17:00~24:00 無休
※第2・4火曜は昼のみ



釜飯を食った後は、近くにあった前沢屋で『黒部の牛むす』を購入。


牛肉の天ぷらにタレを絡め、手巻きにしたようなものでしたが、これもまた美味かったなあ。
飛行機が出る直前のいい補給になりましたわ。


今更気付いたけど、旅行記ってこんな風に小出しにしていくのが一番っぽいやね。
今まではその日毎にまとめて書いていくという、俺らしからぬ実直なスタイルを
取ってきましたが、俺のような面倒臭がりやにはやっぱり無理と判断。

でもって、実験的に↑のように、時系列も滅茶苦茶に小出しにしてみたわけですが
思った以上に楽チンだったので、今後はこのスタイルで書いていく予定。
これでようやく1年以上滞留していた旅行記の再開目処が立ったって感じだわー。

丸美屋 とり釜めし味付けごはん付き 250g (3入り)(Amazon)

http://members.jcom.home.ne.jp/vampirdzhija/2009-1.html#090122より抜粋。

甘ーイィ頭がシビれそうじゃァ

業火でボーボーと焼かれる饅頭たち。


てなわけで、伊香保の石段の中間地点くらいで念願の焼きまんじゅうゲットですよ。

孤独のグルメで見て以来、何度群馬のほうに足を運ぼうかと思ったか分からないくらいですが、
よもや伊香保にて巡りあえるとは、ツイてるとしか言えんわ。アバドン王的に。
や、ちょっとは期待していましたけど。

土曜日に旅館に戻る際に買おうと思ったら、まんじゅうが品切れという訃報を
突きつけられ、とてもハートフルな気持ちになってしまったのですが、翌日の昼過ぎに
無事ゲットであり、貪り食ったわけですよ。


孤独のグルメで、ゴローちゃんは凄い甘さだと言っていたので、俺も食うや否や
甘ーイィ頭がシビれそうじゃァと、ゲンだか毒霧の巫女だか分からないリアクションを経て
胃が焼きまんじゅうの味を覚えちゃう! とアへ顔化を予定していたのですが、
残念なことに中身はアンコ無しであり、甘いのは味噌ダレだけであった。


アンコ抜きの焼きまんじゅうは、白パンに味噌ダレ塗って焼いたって感じですなー。
味の系統としては焼きおにぎりに近いかも。
淡白な味わいのまんじゅうと、濃い目で甘めの味噌ダレの相性はすこぶるよろしい。
腹が減っていたこともあって瞬く間に完食。
おにぎりと違って密度が低かったからガツガツ食えたってのもあるでしょうけど。

お値段はまんじゅう4連結で200円。
店の中でも食えるし、休憩を兼ねると考えると悪くない値段ではないかと。
もし、伊香保に行かれることがあり、焼きまん童貞であるならば是非1度食われたし。

関連リンク
Wikipedia 焼きまんじゅう
焼きまんじゅう店一覧
忠治茶屋本舗 焼きまんじゅう(楽天)
孤独のグルメ

http://members.jcom.home.ne.jp/vampirdzhija/2009-1.html#090119より抜粋。

北海道最高の土産と言えば?

佐藤水産の『鮭のルイベ漬け』『石狩味』を全力で倍プッシュ。


鮭そのもの質が物凄く良いのに加え、味付けがどれも絶妙で美味いこと美味いこと。
特に石狩味の蕩けるような食感と、糀の深みのある甘さのマッチングは素晴らしい。
酒のツマミにしてもいいし、ご飯の友としてもいい。
値段がやや張るのが難点ですが、それを補って余りある美味さと断言できます。

ただ、好みに合わないと台無しなので、慎重を期す人は試食を忘れずに。

あけぼの 鮭水煮 EO缶90g(Amazon)

http://members.jcom.home.ne.jp/vampirdzhija/2009-1.html#090117より抜粋

すすきのバーでひと時を

すすきの駅近くにある『セント・ジョンズ・ウッド』


前々から気になっていたものの、入る機会が無かったのですが、待ち合わせで1時間近く
待つことになってしまったので、丁度良いやとばかりに入店。

特に気取った雰囲気も無く、地元民がぽつぽつと1人でゆっくり飲んでたり、複数人で
談笑していたりで、外から見るよりもずっと入りやすいムード。
会計は注文のたびに払うシステムだから、分かりやすいのもグッド。

俺が飲んだのはカールスバーグのハーフと、オリジナルカクテルのベリーベリーソニック。
ツマミには自家製ビールゼリー。


このビールゼリー、しっかりとビールの味がするし、炭酸もちょっと残ってて存外に良かった。
余裕があったらもっと飲んで食いたかったですが、その後にジンギスカンが控えてたので自重。

飲んでる間はゆっくりと読書。
外で1人で飲むのは滅多にないことですが、たまにはこういうのも良いよね!
今後もすすきの近辺で時間潰す時は有効利用しよう。

スレの話から逸れましたが、1人でゆっくり飲める空間ってのは良いモノやね。
そういう点では自宅がベストだけど、バーの暗めでシックな雰囲気が好きなのよね。

あと、以前に終電ぶっちぎって飲みに行った埼玉だか千葉だかのバーにはもう一度行きたいものだわ。
あの時は友人と2人で行ったけど、共に前後不覚だったしなあ。楽しかったけど。

野菜生活100 のむゼリー 180g (12入り)(Amazon)

http://members.jcom.home.ne.jp/vampirdzhija/2009-1.html#090115より抜粋。

覚えているかい? 北極の熱さを

激辛ラーメンで有名な中本のカップめん。


カップめんにしてはかなりの辛さを誇ってたり、仲本らしく豆腐が入っていたりと再現度は中々。
麺がもうちょっとしっかりしていれば良かったのですが、価格的に仕方ないかな。

シャチハタ ネーム6(中本)(Amazon)

http://members.jcom.home.ne.jp/vampirdzhija/2009-1.html#090115より抜粋。

ホエー豚丼1450円

花畑牧場が営業している『ホエー豚亭』と『生キャラメルカフェ』


         / ̄\
        |     |
         \_/
          |
       /  ̄  ̄ \
     /  \ /  \
    /   ⌒   ⌒   \      よくぞ食ってくれた
    |    (__人__)     |      褒美として生キャラメルを買う権利をやる
    \    ` ⌒´    /   ☆
    /ヽ、--ー、__,-‐´ \─/
   / >   ヽ▼●▼<\  ||ー、.
  / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ.
 .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \
 l     |    |ー─ |  ̄ l   `~ヽ_ノ____
    / ̄ ̄ ̄ ̄ヽ-'ヽ--'  / 生キャラ  /|
   .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/|    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/| ______
/ ̄生キャラ/|  ̄|__」/_生キャラ  /| ̄|__,」___    /|
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/生キャラ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄|/ 生キャラ /|  / .|
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/l ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/| /
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

つまるところはそんな店(語弊アリ)

生キャラメルを買うために相当な行列に並ぶ人が居るのだから、この店の中もパンパンだろうと
思っていたら、思ったより空いていてちょっと拍子抜け。

そんな状況だったので、好奇心を満たす意味もこめてホエー豚丼セットを食してみた。


朝から何も食ってなかったから、昼飯代わりとしても。

メニュー写真のように、丼から肉がはみ出しまくるような事は無いですが、そこそこの肉量。
豚の脂が非常に甘く、肉も非常に柔らかい、中々にグッドなお味。
もう少しご飯の量が多くても全然困らないというか、あと1.5倍くらいご飯が欲しくなる。

ただ、空港という立地を考えると仕方ないのかもしれませんが、1450円はちと高いかも。
権利分込みと考えると妥当とも言えるかもですが、食うだけだとちょいと割高感。
ちなみに、隣にあるカフェのセット料金も1470円と同程度。

生キャラメルは会計時に購入可能。せっかくなので、プレーン味を2つ購入。
ただキャラメルを買うだけに1500円近く払うのは馬鹿馬鹿しいかもですが、腹を満たせ、
かつ並ぶ手間が省けると考えれば、選択肢の一つとしてはアリなんじゃなかろうか。
旅行の時は『時は金なり』ってのを血を吐くぐらいに痛感するし。

前回の北海道旅行の際、入りたくて仕方なかった酒店併設の飲み屋には今回も入れず。


なんてワガママボーイ。どうしても俺を避けたいんだね。
ものすげえ美味そうな酒がズラリと並んでいるというのに、いつもいつも……!
今年のうちに1回くらいは入りたいものですが、その為に時間を調整する必要があるなあ。
基本的に行きも帰りも午前中ってケースが殆どですし。

在庫潤沢なじゃがポックルと、甘えびの燻製なる不思議アイテム。


アバドン王における魔人たちのごとくじゃがポックルを所望されていたので、合計4箱購入。
去年の5月くらいは見つけるのも困難な状態でしたが、生産数が増えたのか、ブームっぽいのが
一段落した結果なのか。実情がどうあれ、買えるのはありがたい限りですが。

甘えびの燻製はどうしようか悩んだのですが、新しい境地の開拓は率先して行わないと
新鮮味がなくなってしまうので、結局購入した次第。
酒を食らう時にツマミとして饗したいところですが、美味いといいなあ……。

最後は恒例のご当地ビールで〆!


飛行機の中でほぼ確実に寝てしまうという欠点もありますが、それ以上に爽快なのよね。
北海道旅行中は殆ど酒を呑んで無かったので、猶更かも。

オプーナ(Amazon)

http://members.jcom.home.ne.jp/vampirdzhija/2009-1.html#090112より抜粋。

平成小樽の純情

今日はほぼ丸一日小樽でブギウギ。



小樽に行く途中で、ポスコロなるジェラートショップにてモボっぽく一休み。


カシスとキャラメルビターの組み合わせは異質だけど美味すぎて出産しそう。


小樽に着くなり回転寿司で幸せなひと時を。


真だらの白子が食えるのも、この時期ならではの楽しみよね。
しかしこの寿司も幸福の予告編なのです! すわっ!

北菓楼のシュークリームは相変わらずの人気商品。


「大きな種子」を食いましたが、中々に美味な子種であった。
種、種ェ。


ガス灯の光が美しい空間を演出する素敵なカフェー。


デエトにもオススメなんじゃなかろうか。


夕飯は奥芝商店でスープカレー。   \でけえ/


主にライス大盛りが。


〆は愛してやまないパフェ屋・ピープルピープで。


カボチャのパフェですが、直腸で妊娠するくらい美味かったわ。
何気に三日連続で来てるのよね、ここ。

るるぶ札幌小樽 '09 (るるぶ情報版 北海道 2)(Amazon)

http://members.jcom.home.ne.jp/vampirdzhija/2009-1.html#090111より抜粋。

とかちつくちて十勝牛バーガー

本当に雪まみれの日になったよ!

朝、北海道カフェで十勝牛バーガーを食ってたら雪が降る降る、降る降る。


THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 06 双海亜美/真美(Amazon)

http://members.jcom.home.ne.jp/vampirdzhija/2009-1.html#090110より抜粋。

お疲れマイファーザー

昨日は物凄く久しぶりにフグなんぞ食ってみましたよ。

単純に食欲を満たすという目的ではなく、定年を迎えた親父殿へのお疲れ様アイテムとして
注文した物なので、俺はそのおこぼれに預かると言った具合でしたが。

刺身とフグちり、両方が楽しめるセットを注文しましたが、両方とも実に美味かった!
これまでの人生で、比較できるほどフグを食ってはいない身ではありますが、それでも
美味いと思えるシロモノであったのは事実。


刺身は身が引き締まってて、食感、味ともに実にグッドな一品でありました。
芽ネギをくるりと巻いて食うのが最高に美味いと分かったのは僥倖そのもの。

ちょっと置いておくと、皿に貼り付くくらいゼラチン質がすげえ皮の部分。
グニュグニュした食感と、口の中で蕩けるゼラチン質が魅惑的な刺身ですが、新鮮なこともあって
全く臭みが無かったのは素晴らしい。

フグちり用の部分と白子。


フグちりは最後の雑炊に至るまで堪能。
白子は同梱の説明書に「焼いてね!」と書いてありましたが、フツーにフグちりの具として
食った方が美味かったというのが、我が家の総意であった。

ちなみに注文した物は、関門海峡とらふく料理専門店 ふく一セット 2~3人前(白子付き)
安いものでは無かったですが、大黒柱として頑張ってきた人への手向けとしては、物足りないレベル。
結果的に「これは幸せの予告編です! すわっ!」と言った具合になれば良いのですが。
ともあれ、一応は喜んでもらえたようなので、とりあえずの目的は達成ってところか。

あと、フグを注文するにあたって困ったのが「てっちり」とか「てっさ」の意味が分からなかったこと。
前者は鍋で、後者は刺身と分かるまで何を注文していいのかサッパリだったわ。
※鍋と刺身が逆になってたので訂正。ご指摘ありがとうございました。

関連リンク・てっさ・てっちり - 語源由来辞典

ロボクラフト メカ フグ(Amazon)

http://members.jcom.home.ne.jp/vampirdzhija/2009-1.html#090104より抜粋

新年酒初め

新年一発目の酒盛りをかつを節ンとこでやってきましたよー。


「私は酒で動く」を勝手に豪語している俺ゆえ、機会があればガッチリとべろべろになるまで
呑みたくなるというモノであり、今回出揃った酒もまたエクセレントな物ばかりであった。

特に、上の写真でも一際存在感のある『誠鏡 幻』息を呑むほど凄かった。
これぞ大吟醸と言わんばかりの果物にも似た爽やかかつ芳醇な香り、原酒らしい濃厚な味わい、
甘口ゆえの呑みやすさ、などなど、ここ最近呑んだ中でも間違いなくトップランクの酒。
美味い酒ってのは、本当にまだまだ沢山あるんだなあ……としみじみ思いつつ呑んだものです。

『勝駒 特吟 大吟醸』も前述の幻とは別ベクトルで美味かった。
以前、富山に行った時に買った純米吟醸の上位版ですが、やや辛口でキレが良い爽やかな味わい。
クイクイ呑むのではなく、ゆっくりじっくり楽しみたくなるタイプの酒。

『よしのとも 寿』は正月用に用意した一品ですが、まだ若い酒ということもあり
味に深みはありませんが、その分サッパリとした味わいがステキで、肉料理にも対応可能。
流石は日常のオトモアイルーを標榜する酒蔵の酒よ……。

『美丈夫ぽんかん』は、今回唯一の果実酒だったわけですが、なんというか、まんまジュース。
ただしアルコールが8%くらい入ってるレディキラーなジュース。
アルコールにあまり馴染んでない人だったら、ガチで気付かないんじゃないのかコレ。

俺たちは「これぐらいだとチェイサーにぴったりじゃのう!」と危険思想に基づいて完飲。
昨日、妙に酔いが早かったのはこれが原因なんじゃねえのかと思い始めたデスよ俺。
ああでも、果実酒としては文句なしに勧められるぐらいに美味いことは間違いありません。


酒の置き場所と今回の食い物たち。


豚の味噌漬けは頭が痺れるほど美味かったのですが、ご飯が無いのが拷問級に辛かった。
ゴローちゃんは餃子食いながら「残酷です。残酷すぎます」と言ってましたが、まさにそんな心境。
つまりマインドオブゴローであり、ある意味バッドステータス。ご飯で治癒できます。

こんなことなら、おにぎりでも作るなり買うなりして来れば良かったよ……。
前述の『よしのとも 寿』との相性が良かったのがせめてもの救いか。

もう1つの鱈のみりん干はお酒の友となることを運命付けられたかのような1品。
ハサミで適当に切ってゴムのような食感を楽しみつつ食う。
ライターで軽く炙っても良かったかもなあ。

酒盛りの際、酒が温くならないように、クーラーバッグ保冷剤を入れて利用してますが
本当にいい仕事をしてくれるわコレ。

サイズがそれほど大きくないから、入る本数には限りがありますが、それでも6本くらいは
入りますし、保冷剤も結構強まっているので、酔い潰れる位までは温くなりませんし。
酒と酒の間に小さい保冷剤を挟めばパーフェクトですが、流石にそこまでは。

つー感じで、2009年の呑み始め完了。今年も面白い酒や美味い酒が楽しめますように……。

【肉のひぐち】豚味噌漬け 130g(Amazon)

http://members.jcom.home.ne.jp/vampirdzhija/2009-1.html#090104より抜粋

アルカマックで酒盛りを

正月もたけなわってことで、江ノ島あたりに詣でてきましたよー。


純度100%の嘘ですけど。
実際は昨年の11月末に、友人7人と鎌倉探索&江ノ島丼食いに行った時の話になります。

江ノ島新名物・もんじゃまん。


「今どきのもんじゃはこう食べる!」と力説されましても。
って言うか、行く度に増えてませんか名物。
まあ、名物なんて物は細胞分裂するが如く増えるものなので、こうであってこそとも言えますが。
この時は食いませんでしたが、初詣ブームが落ち着いたら食いに行ってみるかねえ。


道中で食らった饅頭。


蒸したてがそのまま食えるんで、温かくて美味いんだよなあ。
途中の体力回復にはもってこいの食い物だわ。

そして目的地の「魚見亭」へ。


俺達のバイブルとすら言える孤独のグルメでゴローちゃんが入った店ですな。
江ノ島丼を出す店は他にも沢山ありますが、ロケーションを含めると、ここしかありません。
地元民として案内できたのはなんとなく嬉しかったねえ。

まずは江ノ島ビールで乾杯!


昼から飲むビールは美味いか? 最高だぜ!
魚見亭は江ノ島の中でも最奥の方に位置しているから、結構な時間を歩き通すことになるし
この日は妙に暖かかったこともあり、ここに来るまでに喉がカラッカラになってましてね。
そりゃそんなところにビールという黄金水を流し込めば、皆感動で前が見えなくもなるわ。

おっおっ、来た来た来ましたよ、江ノ島丼セット。


右写真のゴローちゃんは雰囲気を出すためのアイテム。
わざわざ作ってきたТさんの拘りと発想には脱帽を超えて脱毛しかねません。
不味かった場合のアイテムもあったのですが、それは使わずに終了。

火の入り具合がグッドな卵と、謎のカニ汁。


江ノ島丼ですが、以前食ったときよりも火の入り具合が良くなってた気がします。
タマネギのシャキシャキ感は健在だったし、卵の半熟具合もいい塩梅。
肝心のサザエは感じ感じ。

「味が薄い」と孤独のグルメで言われてたカニ汁の薄さも健在。ある意味安心。
このカニですが、実際のところ何なんだろう。ワタリガニってのが有力ですが。


ゴローちゃんが饅頭を買ってた店。


先の写真の饅頭もここで買ったものですが、この写真は江ノ島丼を食った帰りのもの。
ちょっと休憩がてら、みんなで気になったもの食ったり飲んだりしようぜってことで。

俺がセレクトしたのは「飲む寒天」


どろりどろりとした感触で、喉に絡んで仕方ねえっつーくらいのモノを期待していたのですが
実際には数回射精した後のようなサラサラした(最低の例えですね)感じでちょっと残念だったわ。
味自体はグレープフルーツ系で飲みやすくて美味かったんですけどね。


極楽寺から歩くこと数十分、ようやく小町通りのアルカマックカフェへ到着。


小町通りの人混みと、店内の混雑振りに諦めムードが漂い始めたものの、店内を確認したところ
ギリギリというか、無理矢理入れるということで入ってしまえということで。

萃まる酒、想い。


ベーコンの盛り合わせの筈が、何故か生ハム付き。


店の人に聞いてみたところ、「お前ら野郎ばっかで可哀相だからサービスだぜ!」という返答を
頂いた気がするけど、実際のところはよく覚えてないぜ。
ただ、その粋な返答に俺達の股間がはちきれんばかりになっていた事実だけは覚えています。

次から次へと空っぽになり、並べられていく鎌倉ビールの空き瓶たち。


友人が最大級に薦めていたスペアリブも到着だぜぇ―――ッ!


なんかスペアリブ以外のモノが沢山付いてる気がするけどこれは何かねッ!?
もういいから俺を今すぐ孕ませてくれませんかねッ!?

スペアリブとハイネケン。


このスペアリブ、今まで食ったスペアリブの中でも一番美味かったと断言する!
肉のジューシーさ、詰まった旨味、程よいタレの味、どこまでも食いたくなる!
そしてグラスに至るまでキンキンに冷え切ったハイネケンのまた美味いこと!
鎌倉ビール1本で行こうと思っていた俺に猛省を促したい!

ソーセージの盛り合わせ。


生ハムの盛り合わせ。


パンチェッタとパプリカの炒め物。


ソーセージもハムも全て美味いという一言で集約できますが、中でもこのパンチェッタは絶品。
燻製肉の美味さというモノがこれほど味わえるモノもそうそう無いんじゃなかろうか。
噛み締めるたびに幸せという名の味が口の中一杯に広がりやがる……!
その後で飲むビールのまた美味いことと言ったら……全く持って幸せな組み合わせだわ。

追記・適当な認識で書いた結果がこれだよ!

>名無しさん

パンチェッタつうのは塩漬け豚バラ肉の事で、燻製にはしてない

燻製した物はベーコンと呼ぶけど これを挙げて燻製肉の美味さというモノがこれほど味わえるつうのは、

「刺身で一番うまいのはてり焼き」って言ってるのと同じ 勘弁してください

あー、確かに赤面モノのミスですね。
燻製にするものも中にはあるようですが、これは多分違うでしょうし。
誤った認識のまま俺の中で定着するところでした。ご指摘、ありがとうございました。

ステキな酒を排出するステキな冷蔵庫。


本当は酒用にこういう冷蔵庫を買いたいところですが、値段的にも置き場所的にも厳しいのよね。

シメイと日本酒。


やっぱり〆は日本酒をゆっくり飲むのが日本男児の嗜みよね。
この頃には、横にいたカップルと何故か意気投合して酒を酌み交わしていたわ。
見知らぬ人とその場限りの交遊を楽しめるのも、小規模な店ならではのメリットよね。

そんな感じに頼むだけ頼み、食うだけ食い、飲むだけ飲んで閉店時間に。
最後にハムやらベーコンやらを各々購入し、退店。
本当に美味く楽しい時間を過ごさせていただきました! 機会があればまた行きたいわ。


小町通りの蜂蜜専門店で食った蜂蜜ソフトクリーム。


デザート的に俺を含む5人ほどが購入。
閉店ギリギリだったと思いますが、売ってくれてありがたいことこの上なし。
ほんのりとした蜂蜜の味が堪らない、グッドなソフトクリームでありました。


二次会の贄となった地アジ。


大ぶりで色艶も新鮮そのもの、更には味も申し分ないアジで素晴らしかったわー。
この頭とかをダシにした味噌汁がすげえ飲んでみたくなる。

アルカマックカフェで散々飲み食いしていたこともあり、二次会は色々と最小限。
ちびちびと酒を飲み、ちびちびと魚を食い、起きている人は何かしらの話をして、って感じで。
俺はいい感じに前後不覚になっていたので、半寝状態で飲み食い。

そいえば、この時にオススメされたエロ漫画があったけど、まだ買ってなかったなあ。
記憶が正しければ『Gift』ってタイトルだった筈だけど。
俺の友人が絶賛していた本でもあるので、正月明けにでも買っておくとするか。

それにしても「この漫画に出会える可能性が高い、それだけでロリコンは勝ち組」って
フレーズは、今まで見た中で最大のロリコン賛美じゃなかろうか。
普通の単語を組み合わせただけで、これほど狂気に満ちた文章を完成させられる才能に嫉妬。

話がエロ漫画に逸れましたが、大変楽しい鎌倉&江ノ島行脚でありました。
今年もまたこーいう飲み食い歩きが出来れば嬉しいところだわ。

江ノ島ベイビィ(Amazon)

http://members.jcom.home.ne.jp/vampirdzhija/2009-1.html#090103より抜粋。

OH! 晦日

大晦日の過ごし方ですが、横浜を舞台に千葉方面の友人と「ひたすら飲み食いするぜ」という
自堕落を絵に描いたような内容で、エンゲル係数を高めるだけの仕事に従事することに。
途中で百合ームコロッケを探そうぜという仕事に変わっていた気もしますが。

つか、本当に見つからないものですな、百合ーム。
発売してからそれほど間が無いから、普通だったらアニメイトなりヨドバシの売り場にあって然るべきと
思うのですが、これは単純に生産数が少なくて、思った以上に人気が出たってことなのかしらね。
とりあえずは、通販系の入荷を待ちつつ、リアルで見たら買うって方向で。

ああ、買うと豪語してた喰霊のDVD1巻は現在到着待ち。
Amazonに予約済みだったものの、入荷の時期が未定となってしまい、29日午前中についカッとなって
キャンセルした他の通販で注文したら、その数時間後にAmazon在庫復活というどんでん返し。
んで、改めて注文した方はいつ到着するか分からないという、ごらんの有様だよ!!!
そっちの方はすんなりキャンセルも出来ないので、とりあえずは正月休み明け待ち。

そんな俺のオマヌー話はさておき、大晦日のスタートは寿司屋「沼津 魚がし鮨」から。


ヨドバシの地下2階にある寿司屋ですが「江戸前鮨の新革命!」などと大仰なフレーズが印象的。
この新革命ってのは注文形式であり、確かに寿司屋ではあまり見ないタッチパネル。


大きいチェーンのカラオケや居酒屋などで見受けられる形式ですが、それを採用した寿司屋ってのは
ここが初めてなのかもしれませんな。
目の前に板前さんがいるのにタッチパネルというのも異な話ですが。
まあ、注文ミスは確実に減るだろうし、ゴローちゃんのように「タイミングがズレてる」という
事態に陥ることが無いというのはありがたい点かもしれませんな。

個人的にはサビ抜きや、薬味の有無も選択できるのが嬉しいところ。


去年の半ばあたりから寿司のワサビが苦手になってしまってねえ……。
ワサビ醤油はOKなのですが、ネタに直接付けるってのがアウトになってしまって。
サビ抜きを申し出ることに抵抗は一切無いですが、この方式だと話が早いからなあ。

そして注文した物の一部。




全体的に値段以上に美味しいといった印象。
ネタの質も悪くないし、サイズもわりと豪快な感じですし、セレクトも悪くない。
生の桜海老とか、葉がつおとか嬉しいじゃないの。あと、イカゲソまじうめえ。

〆はサッパリと爽やかな芽ネギで。


ネギが死ぬほど好きな俺にとっては堪らない一品であり、値段も安いステキネタ。
色合いが鮮やかなのも嬉しいところやね。

最後にアオサたっぷりの味噌汁で一息ついてファーストミッション完了。
安価かつ値段以上に美味いものが食える、中々に良き寿司屋であったわ。
これならば寿司を食いたくなったときに行ってみるのも吝かではありませぬ。

ちなみに、この時点からビールを飲み始めているのですが、昼から飲むビールはマジ格別。
普段は絶対にやらないという物珍しさと、軽い背徳感が調味料になってるんだろうなあ。


寿司を食った後は、レンガ倉庫の近くに温泉があったかもしれん、といううろ覚え知識を頼りに
そっち方面に向ったところ、万葉倶楽部なる施設を発見。


レンガ倉庫っつーよりは、みなとみらい方面ってのが正解ですなー。
思えば、最近は大桟橋やレンガ倉庫方面に行くことが増えたけど、みなとみらいはすんげえ久々だわ。
多分10年ぶりとかそれぐらい。

大晦日ってことで空いてるだろうとタカを括って入ったら大盛況。
帰省しなかったりする居残り組がこぞって来たのかどうかは不明ですが、ちょっと驚いたわ。

全裸で露天風呂からの光景を楽しんだり、全裸でエイラよろしくサウナを堪能したり、全裸で
シャワーを浴びたり、全裸で泡風呂を楽しんだりのスーパー全裸タイムを経て、休憩所という名の
食事所で再びビールタイム。

つか、温泉とサウナでのぼせた体にビールってのは本当に最高の組み合わせだな!
俺の体がまるで生理用品になったかのようにビールが吸い取られていくぜ!
そりゃ軽くミニグラスでのお代わりもするってもんだわ。

酒類も結構充実していましたが、冷奴やら塩辛をはじめとした酒の友達、寿司や揚げ物といった
立派な食い物も充実しているという、中々に侮れない空間でありました。
会計がロッカーキー付属のバーコードで行えるスムーズさもまた良し。
最近はこの手のシステムが増えてますが、財布持ち歩く必要もないし、楽でいいんだよなあ。


合計2時間ほどゆっくりした結果がこの陽射しだよ!


こういう逆光風景ってのは綺麗で良い物ですなー。
建造物がみんなシルエット化するところがなんとも堪らん。

温泉にも浸かった、ビールも飲んだ。
さて次はどうするかと思案した結果、歩いて行ける中華街に言ってみようっつー話に。
飲み食いした後でも、ちょっと運動すればまた入るし、丁度いいよねってことで。

夕方でちょっと閑散とし始めた中華街では、軽く餃子とまたビールを堪能。


「ご存知、ないのですか!? 肉や野菜を小麦粉の皮で包んだ超時空中華料理、餃子ちゃんです!」

食った場所は、以前マクロスFとのタイアップイベントを行った大世界。
さすがにもう星間飛行が流れているといったことはありませんでしたが、ランカの絵が
貼ってあったり、歌姫2人のサインが置いてあったりの名残は健在だったり。

まさに餃子って感じの餃子とビールという組み合わせもまた素晴らしいものですなー。
余裕があったら、ご飯と一緒にもう倍量くらい食いたかったところだわ。
ここが食べ歩きの辛いところよね。


中華街を一頻り堪能した後は、人身事故でヒイヒイ言ってるみなとみらい線で再び横浜へ。
「これからどうする?」「天ぷら食いたくね?」っつー流れで今度は天ぷらを食いに。


天茶がメインの店だったようですが、ご飯物は後に差し支えるので、天ぷら単品のみで。
味付けは抹茶塩のみ。天つゆでも食いたかったというのが正直なところですが、これはこれで。
お供は当然ビールであり、今日何杯目だったかなあと思い始めたり。

この場で、大晦日のメインは焼肉だろう常考という結論に。
いいねえいいねえ、最後の相応しいじゃないの焼肉! ロースとか食いたいね!

そのメインを前に、ダイエー前でドネルを食ってる俺達の姿が目撃されました。


野菜が全く入ってない、Fallout3的に言えば肉詰めといった様相の仕様に驚愕しつつ食う俺達。
これがデフォルトなのか、それとも野菜をしまった後で肉しかなかったのか。
真偽の程は不明ですが、別にこういうの嫌いじゃないぜ。

でも、思った以上のボリュームだったので「アタシもう食べれません……ゲフ」の虎子状態。
何故か俺達は1巻の学食で満腹化した虎子が異様に好きなのですが、どうもマイノリティっぽい。
汎用性も高いシーンだし、良いと思うんだけどなあ……。

ドネルをイワした後は、コミケ4日目のとらのあなへ。
流石に夜の帳が下りた頃ということもあり、店内はわりと落ち着いてる状態。
ストライクウィッチーズの「アフリカの虎」をはじめ、数冊の本を購入して退出。

その足で焼肉に行こうかとも思ったのですが「さっきのドネル、あれが効いたな……」状態で
流石に厳しかったので、腹ごなしの意味もこめてカラオケ店へ。
歌わんでも別にいいだろう的な気持ちで入店し、1時間で済ます予定が2回延長の3時間。
アルェー?

適当に歌い始めたら、久々ということもあってお互いにヒートアップスパイラル。
ジョッキ中生のドーピングもあり、普段歌わぬような歌もガンガン突っ込みまくり、歌いまくり。
星間飛行とかブックマーク ア・ヘッドとか巌窟王OPなんて、こーいうテンションじゃないと
絶対に歌えないからなあ。
どれも音程ハズレまくりだし、歌として体を為してない事も多かったですが、それでも楽しかったー。

歌が上手いにこしたことはないですが、こーいう風に上手い下手関係なしに大笑いしながら
楽しむってのもすげえ大切なことなんだなーと思ったひと時だったわ。


カラオケ店を出る頃には、いつの間にやら23時過ぎ。
もう開いてる焼肉屋も見つからず、仕方無しに手近な店で肉っぽいものを食うことに。


奇妙な肉っぽいものをクチャクチャ貪り、コンソメスープを啜りながら、喰霊やらギアスやら
ストライクウィッチーズといった2008年を染め上げた作品のことを話していると、2009年が間近に。
そして店員から「よろしかったらお願いします」とクラッカーを渡させる俺達。
これでどうしろと? まさか2009年をパァーンと祝えと? そんなリア充的行為を? 君は!

たまにはリア充っぽい行為もいいよね!

つわけで、半泥酔の俺達は盛大にカウントダウンの末、2009年を迎えたのだった。
おかしいなあ……予定だったら陰茎にオナホールを挿入したまま年を越し、そのまま絶頂して
新年を迎えるという黄金体験をする予定だったというのに……。


横浜駅構内のBECK's店頭で売ってたお汁粉で謹賀新年。



帰宅後、形だけでもということで、年を越えた後での年越しそば。


つー感じで、予想してなかった形で大晦日を過ごし、新年を迎えたのでありました。
これほどの密度で過ごした大晦日なんて、生涯で初めてなんじゃなかろうか。
こんな無茶苦茶な行為を実行に移した友人には敬意を表さざるを得ないわ。

あと、2008年内で一番ビールを飲んだ気がするわ。
5杯から先は覚えていない!

喰霊-零-イメージソング集 百合ームコロッケ(Amazon)

http://members.jcom.home.ne.jp/vampirdzhija/2009-1.html#090101より抜粋。
プロフィール

K(仮称)

Author:K(仮称)
GF団というキモいサイトから蛮族的な内容を抜粋。

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。